荒木慶大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

荒木 慶大(あらき よしひろ、1973年11月20日 - )は、元社会人野球選手、元ボクシング第49代日本ミドル級王者、元OPBF東洋太平洋ミドル級暫定王者、元WBA世界ミドル級15位、大阪府堺市出身、泉北ボクシングジム所属。

来歴[編集]

西日本短期大学附属高等学校野球留学をする。入部した硬式野球部の2学年先輩には新庄剛志が在籍していた[1]。3年時にはプロ野球7球団のドラフトリストに載るも指名を得られず、社会人野球大昭和製紙北海道→ヴィガしらおいを皮切りに、阿部企業大阪ペーシェンスクラブと渡り歩く。

野球引退後、プロボクシングに転向。

1999年5月18日、デビュー戦。小坂達也を2RKOで退けデビューを飾る。

2000年12月16日全日本ミドル級新人王決定戦で川原奈緒樹に6R判定で敗れ、7連勝でストップと同時に初の敗北を喫する。

2003年7月5日ガオグライ・ゲーンノラシン吉野弘幸らを破り4連勝でランキングは2位まで浮上、満を持して敵地・後楽園ホールにおいて9度防衛の日本ミドル級王者鈴木悟(八王子中屋)に挑戦。大接戦の末に僅差の判定2-1をモノにして、遂に悲願のタイトル奪取(泉北ジムにとってもジム創設26年目で初の王者誕生)。

2004年10月18日、ナカムラ・エイジ(大阪帝拳)、保住直孝ヨネクラ)を退け2度の防衛に成功した後、OPBF東洋太平洋ミドル級王者サキオ・ビカに挑戦。10RTKOで敗れ2敗目を喫する。

2005年7月1日、ビカに挑戦する予定であったが、ビカの怪我によりOPBF東洋太平洋ミドル級暫定王者決定戦を李勁勲と争う。3RTKOで倒し、暫定王者に輝く。

2005年11月22日、正規王者サキオ・ビカとの統一戦。5RKOで敗れ失冠。

その後1戦し勝利するも、2007年6月に引退を表明。現在は副業としてSky-A・Sports+で解説を務める傍ら、実家の建築会社専務として働いている。

プロ戦績[編集]

19戦 16勝(9KO)3敗

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ プロボクシングWBC・S.フライ級タイトルマッチ「川嶋勝重×徳山昌守」 : ニュース”. テレビ東京 地上デジタル7チャンネル. 2016年12月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
鈴木悟
第49代日本ミドル級王者

2003年7月5日 - 2005年1月

次王者
鈴木悟