荒木健太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荒木健太(あらき けんた、1976年1月27日 - )は日本のミュージシャン。山口県長門市出身。

略歴[編集]

11歳で広島県広島市に引越しMSXパソコンユーザーとなり、ゲームプログラマーを将来目指すが、中学生の時おりしもバンドブームで米米CLUBユニコーンアンジー等の日本のロックに夢中になる。

1990年、14歳の時、現在劇作家として知られるケラリーノ・サンドロヴィッチ率いる有頂天ニューウェーヴ・サウンドに大衝撃を受け、シンセサイザーテクノ・ミュージックを好むようになる。それが故、所有しているMSXの発声する電子音を演奏するプログラミングを始める。

1997年、21歳の時に上京。

2000年春に新宿のレコード店ロス・アプソンでCDR作品を発売。

2003年、高円寺円盤で初ライブ。その後も西麻布Bulletsなどでライブを行うようになる。

2005年に1stアルバム『MSX TYPHOON』発売。

脚注[編集]

以上はMSXまたはチップチューン関連カテゴリ作成までの暫定記載とする

関連項目[編集]