荒川豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荒川 豊(あらかわ ゆたか、 - )は、工学者、博士(工学)。九州大学大学院システム情報科学研究院、教授。通信技術、センサ、そしてデータ分析が連携したヒューマノフィリックシステム及びユビキタスコンピューティングシステムに関する研究を専門とする。

人物[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

研究[編集]

領域[編集]

  • 2000年 - 2008年   ATMWDM、光ネットワーク、光ネットワークを活用したアプリケーションの研究に従事
  • 2009年 - 2012年   モバイルコンピューティング、センサネットワーク、コンテキストアウェアアプリケーションの研究に従事
  • 2013年 - 現在    行動変容、スマートホーム、ウェアラブル、IoT、スマートシティ、eヘルスの研究に従事

主な受賞歴[編集]

学会関係[編集]

学会以外[編集]

  • 2010年12月  Mashup Award 6・Yahoo!Geo Hack 賞および沖電気工業賞
  • 2011年3月  フクオカRuby大賞・奨励賞
  • 2011年9月  Startup Weekend・優勝
  • 2014年1月  飯塚スマホアプリコンテスト2013グランプリ
  • 2015年12月  ICTビジネスモデル発見&発表会近畿大会・研究者特別賞(SenStick
  • 2018年12月  ICTビジネスモデル発見&発表会近畿大会・地方創生賞および全国大会出場

外部リンク[編集]

  • 慶應義塾大学笹瀬研究室
  • 慶應義塾大学山中研究室
  • 奈良先端科学技術大学院大学ユビキタスコンピューティングシステム研究室
  • 九州大学大学院システム情報科学研究院ヒューマノフィリックシステム研究室
  • 世界最小マルチセンサボードSenStick
  • 荒川豊 - KAKEN 科学研究費助成事業データベース
  • 研究者リゾルバーID:1000030424203
  • 日本の研究.com:149155