草木饅頭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
草木饅頭
草木饅頭の断面
大牟田駅前にある草木饅頭の店舗。
黒田家と江口商店が並んで店舗を構えている。

草木饅頭(くさぎまんじゅう)は、福岡県大牟田市の銘菓。一口サイズで淡白な、白あん入りの蒸し饅頭である。

総本家黒田家によると、草木饅頭は始め「平和饅頭」と名付けていた。明治時代後期に大牟田市内の草木地区で作られたことから「草木の饅頭」と通称されるようになり、その後、現在の呼び名「草木饅頭」となった。現在では、総本家黒田家と元祖を名乗る江口栄商店(両社とも1914年創業)が草木饅頭を製造している。両社とも同じ家から派生したため友好的な関係にあり、総本家は機械化を進め、元祖は手作りを続けている[1]。 2006年に隣県の熊本県のお菓子の香梅に江口栄商店は経営譲渡された。

1994年の第22回全国菓子大博覧会では名誉総裁賞を受賞している[2]

参考文献[編集]

  1. ^ 朝日新聞 1994年1月1日付 朝刊、福岡地方面
  2. ^ 朝日新聞 1994年6月14日付 朝刊、福岡地方面

外部リンク[編集]