茶臼山高原道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般県道
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
愛知県道507号標識
愛知県道507号
茶臼山高原設楽線
茶臼山高原道路
路線延長 約14.2 km
起点 茶臼山
終点 愛知県北設楽郡設楽町西納庫
接続する
主な道路
記法
記事参照(インターチェンジ)
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
県道起点茶臼山(画像に写るリフトのある山は隣の萩太郎山)。愛知県の最高峰付近を通る道路。この茶臼山高原天竜奥三河国定公園の一部であり、茶臼山高原スキー場(冬)・天空の花回廊芝桜の丘(初夏)などがある。
県道終点の設楽町。道の駅アグリステーションなぐらのすぐ東側。ここから8パーセントないし9パーセントの上り急勾配区間が続く(上りばかりだが幾つか山越え谷越えするため下りも若干ある)。名古屋・豊田方面から茶臼山方向へ行く主要な道路の一つである。

茶臼山高原道路(ちゃうすやまこうげんどうろ)は、愛知県道507号茶臼山高原設楽線(あいちけんどう507ごう ちゃうすやまこうげんしたらせん)の一般有料道路として整備され、愛知県道路公社が管理していた、愛知県北設楽郡豊根村茶臼山IC)を起点とし、設楽町西納庫IC)を終点とする全線対面通行、延長14.2キロメートルの道路である。

愛知県の最高峰である茶臼山(標高1416メートル)の南側山腹にある高原地帯に道路が走る。有料道路と開通して以後、観光道路として親しまれ[1][2]2008年平成20年)4月13日に全線にわたって無料開放された。茶臼山高原道路の名称は、愛称として引き続き使われている。

天竜奥三河国定公園内の高原地帯を通り抜けて茶臼山高原へ行くための観光道路[3]の色合いが非常に強かったが、無料開放後は生活道路としての側面も強くなってきている。

インターチェンジ[編集]

施設名 接続路線名 所在地
茶臼山IC 愛知県道506号茶臼山線 豊根村
折元IC 愛知県道・長野県道10号設楽根羽線 設楽町
面ノ木IC 愛知県道80号東栄稲武線
西納庫IC 国道257号

沿革[編集]

通行料金(当時)[編集]

ここに記載しているものは、無料開放される直前の通行料金であり、現在は料金収受業務を行っていない。料金は走行区間(インターチェンジ間毎)によって異なっており、また、ETCには対応していなかった。無料開放直前、普通車の通行料金は愛知県内の有料道路の中では最も高かった。高い通行料金を敬遠してきた人たちが利用するようになり(特に違法競走型暴走族たち)、交通量は従来よりかなり増えている。

  • 全線
  • 茶臼山IC - 折元IC
    • 普通車:900円
    • 大型車(I)(大型貨物自動車):1,310円
    • 大型車(II)(観光バス):3,100円
    • 軽自動車・二輪車:630円
    • 軽車両等:100円
  • 折元IC - 面ノ木IC
    • 普通車:310円
    • 大型車(I)(大型貨物自動車):520円
    • 大型車(II)(観光バス):1,100円
    • 軽自動車・二輪車:210円
    • 軽車両等:30円
  • 面ノ木IC - 西納庫IC
    • 普通車:250円
    • 大型車(I)(大型貨物自動車):370円
    • 大型車(II)(観光バス):930円
    • 軽自動車・二輪車:150円
    • 軽車両等:20円

地理[編集]

付近に高速道路はなく、新東名高速道路浜松いなさJCTから三遠南信自動車道佐久間道路三遠道路)を経て、国道151号を北上した愛知・長野県境に近い愛知側に位置する。茶臼山の南側に面したところのため明るく開放感がある[1][2]。付近には牧場があり、奥三河の高原地帯の山並みと日本的な農村風景が広がる[3]。高原地帯のため春から秋まで沿道にいろいろな花を見ることができるほか、秋は紅葉が美しいところでも知られる[3]。茶臼山高原にはホテルや美術館などの観光施設が揃う[1][2]

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]