若松正俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

若松 正俊(わかまつ まさとし)は、日本地方公務員山形県副知事山形県住宅供給公社理事長山形県道路公社理事長、山形県スポーツ振興21世紀協会理事長を務めた。

人物・経歴[編集]

山形県西村山郡大江町りんご農家に生まれ、山形県立寒河江高等学校を経て[1]山形大学理学部卒業後、1979年山形県入庁。農政企画課長や、農林水産部長等を経て、2016年企業管理者。2017年から細谷知行の後任として副知事を務め[2][3][4]山形県住宅供給公社理事長[5]、公益社団法人山形県スポーツ振興21世紀協会理事長[6]、公益財団法人やまがた農業支援センター理事長、山形県土地開発公社理事長、山形県道路公社理事長なども兼務した[7]

県議会において若松の副知事再任の人事案が自由民主党などの反対で否決され、10日付で副知事を退任した[8]。11日付で県は若松を非常勤の特別職として、コロナ克服・経済再生特命補佐に任命した[9]

脚注[編集]

先代:
細谷知行
山形県スポーツ振興21世紀協会理事長
2017年 -
次代:
(現職)