若松将弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

若松 将弘(わかまつ まさひろ、1974年10月7日 - )は、愛知県を登録地としていた元競輪選手日本競輪学校(以下、競輪学校)第78期生で、同期には佐藤慎太郎渡邉大吾らがいる。師匠は村佐庸(競輪学校54期生)。

来歴[編集]

西陵商業高校時代、全国高等学校ラグビーフットボール大会に出場。

競輪学校時代は、102戦77勝の成績を挙げ在校競走成績第1位。そして、卒業記念レースでも優勝を果たした。

1996年8月8日名古屋競輪場でデビューし初勝利を挙げ、後2日間も勝利し、デビュー場所で完全優勝を果たした。

その後、先行、捲りを主体とした競走で、1998年全日本新人王戦で決勝進出(6着)。2003年頃まで常時GIに参加していた。

しかし、足首の怪我が原因[1]で、2006年9月21日、当時競輪選手最高ランクだったS級1班在籍のまま選手登録を削除され引退した。通算戦績676戦158勝、優勝22回。

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]