花輪館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

座標: 北緯40度11分23秒 東経140度47分34秒 / 北緯40.189834212107度 東経140.79272767777度 / 40.189834212107; 140.79272767777

花輪館の位置(秋田県内)
花輪館
花輪館
花輪館の位置

花輪館(はなわたて)は、秋田県鹿角市花輪町に所在した日本の城

概要[編集]

主郭の規模は東西200m南北110mで段差4mの上下2面に分かれ、西側の上面に中野氏の陣屋があり本丸と呼ばれ、東側下面は二の丸と呼ばれ、花輪通代官所などが建っていた[1]

沿革[編集]

鎌倉御家人安保氏が臥牛本館に拠り、花輪次郎を名乗ったのが始まりとされる。中世の大館の一角を利用したもので、御館・北館・南館からなる連郭館であり、 幾多の興亡の後、天正18年(1590年)に三戸南部の支配下の大光寺正親が城主となり、以来重臣による城代、郡代への交代が相次ぎ鹿角治安と境界守備の責任を担い、明暦3年(1657年)毛馬内九左衛門が古館に入り、延宝2年(1674年)中野吉兵絵が入部、樋口館(要害屋敷)にはいり、秋田藩境への守備に当たった。

参考文献[編集]

  • 児玉 幸阿・坪井 清足 『日本城郭大系 第2巻 青森・岩手・秋田』 新人物往来社、1980年7月15日
  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 『角川日本地名大辞典 5 秋田県』 角川書店、1980年ISBN 4-04-001050-7
  • (有)平凡社地方資料センター 『日本歴史地名大系 第5巻 秋田県の地名』 平凡社、1980年6月6日
  • 岩手放送 『新版 岩手百科事典』 岩手放送株式会社、1988年10月15日

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]