花緑青

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アセト亜ヒ酸銅(II)
識別情報
CAS登録番号 12002-03-8
PubChem 22833492
国連/北米番号 1585
特性
化学式 Cu(C2H3O2)2·3Cu(AsO2)2
モル質量 1013.79444 g/mol
外観 鮮緑色結晶性粉末
密度 >1.1 g/cm3 (20 °C)
融点

>345 °C

沸点

分解

への溶解度 不溶
危険性
安全データシート(外部リンク) GHSモデル MSDS情報
EU分類 有毒 T 環境への危険性 N
Rフレーズ R23/25 R50/53
Sフレーズ S(1/2) S20/21 S28 S45 S60 S61
半数致死量 LD50 22 mg/kg
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

花緑青(はなろくしょう)は緑色無機顔料[要出典]で、パリスグリーンエメラルドグリーンシュヴァインフルトグリーンなどとも呼ばれる。19世紀初頭にドイツで工業化された人工顔料で、化合物としての実体はアセト亜ヒ酸銅(II) Cu(C2H3O2)2·3Cu(AsO2)2である。ヒ素に由来する強い毒性を持ち、過去には殺鼠剤殺虫剤農薬としても盛んに用いられた。

歴史[編集]

オーストリアの技術者Ignaz Edler von Mitis (1771–1842)が1805年に見出し、キルヒベルク・アム・ヴェクセルドイツ語版の工場で生産させたことから、Mitis GreenあるいはKirchberger Greenという異名がある。しかし大規模生産は1814年ドイツの経営者Wilhelm Sattler (1784-1859)がシュヴァインフルトの工場で始めたため、ヨーロッパでは主にシュヴァインフルトグリーンという名で普及した。

1844年カール・アドルフ・フォン・バセドウが、壁紙の彩色に用いられた花緑青をカビの一種Scopulariopsis brevicaulis(当時の学名Penicillium brevicaule)が代謝して有機ヒ素化合物を放出し、それにより住人がヒ素中毒を起こすことを示した。

製法[編集]

酢酸銅(II)三酸化二ヒ素から作られる。[1]

用途[編集]

顔料[編集]

かつては絵具や建築用塗料として利用されていた。19世紀初頭にはヨーロッパでは壁の、アメリカでは窓の鎧戸の塗料として流行したが、硫黄と反応して黒化する性質があり、大気汚染による空気中の硫化物の増加により黒ずんでしまう。

殺虫剤[編集]

1868年アメリカ合衆国でジャガイモの害虫であるコロラドハムシに対する農薬としての利用法が発見される[2]。以後様々な害虫に対する殺虫剤として盛んに利用される。イタリアでは第二次世界大戦中にマラリア対策として大規模な航空散布が行われた。 [3]

毒性[編集]

急性毒性は22 mg/kg(LD50・ラット経口)で、それ以外にもヒ素に由来する発がん性IARCグループ1)その他の健康有害性を持つと考えられている。[4]

法規制[編集]

GHSにおける急性毒性(経口)の区分2ほか各種の毒性を有し、各国で貯蔵や運搬に規制がある(国連番号1585)。日本では船舶安全法航空法によってGHSに基づく規制があり、また毒劇法に基づく毒物として製造・販売・貯蔵に規制がある。[4]

関連項目[編集]

  • シェーレ緑 - 同様に銅とヒ素を含む、より単純な組成の人工顔料

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ H.Wayne Richardson, "Copper Compounds" in Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry 2005, Wiley-VCH, Weinheim. doi:10.1002/14356007.a07_567
  2. ^ 米国特許第82,468号
  3. ^ Justin M. Andrews, Sc. D. (1963年). “Preventive Medicine in World War II, Chapter V. North Africa, Italy, and the Islands of the Mediterranean”. Washington, D.C. USA: Office of the Surgeon General, Department of the Army. pp. 281. 2008年9月30日閲覧。
  4. ^ a b GHSモデル MSDS情報”. 厚生労働省 (2009年3月30日). 2015年2月10日閲覧。