花柳壽輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

花柳 壽輔(はなやぎ じゅすけ、新字体:寿輔)は、花柳流宗家家元襲名する名跡。初代壽輔の師、七代目市川團十郎が、自らの俳号「壽海老人」の一字を贈ったことが由来である。「花柳壽輔」及び「花柳寿輔」は2008年12月より花柳寛登録商標(登録番号5192213、5192215)。

  • 二世家元・二代目花柳壽輔(花柳芳三郎)は、初代壽輔の子。後の花柳壽應。日本舞踊協会の初代会長を務め、昭和35年 (1960) には人間国宝に認定される。
  • 四世家元・四代目花柳壽輔(花柳寛)(1931年3月22日 - )は、三代目壽輔のまたいとこにあたる。前名五代目花柳芳次郎。四代目花柳芳次郎の子として東京都に生まれる。2007年6月27日、芳次郎の名跡を孫の花柳創右に譲り、自らは初代花柳寛應(はなやぎ かんおう)を襲名。その翌日に行われた三代目壽輔の葬儀の喪主挨拶で、四世宗家家元花柳壽輔襲名を明らかにした。2011年日本芸術院会員。
  • 五世家元・五代目花柳壽輔(花柳創右)は、四代目花柳壽輔の孫、2016年6月、家元を襲名した。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]