花柳芳次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

花柳 芳次郎(はなやぎ よしじろう)は、日本舞踊花柳流における名跡のひとつである。花柳流を創流した初代花柳壽輔が、壽輔を名乗る前の名前に由来し、花柳流においては最も古い名跡であり、花柳壽輔に次ぐ由緒ある名跡とされる。

二代目花柳芳次郎は初代壽輔の長男であり、瀬川路之丞の名で歌舞伎役者となったが、1873年に29歳で病死する。初代壽輔は養子を迎え三代目芳次郎を継がせたが、この養子とは1904年頃に離縁し、芳次郎の名跡は初代壽輔の養女花柳ツルが預かることとなった。

名跡が継がれたのは1927年で、ツルの養子である花柳幾太郎が四代目花柳芳次郎となった。四代目花柳芳次郎(1903年5月18日 - 1971年9月6日)は旧姓を金子といい、1909年に6歳で入門し、翌1910年にツルの養子となった人物である。当時の花柳流家元二代目花柳壽輔が東京にある中、四代目芳次郎は襲名とともに分家として、当時花柳流の勢力が弱かった関西に強固な地盤を築いた。その後1967年に、長男の寛に芳次郎の名跡を継ぐとともに花柳芳瞠(はなやぎ ほうどう)を名乗った。

五代目花柳芳次郎は、襲名前から本名の花柳寛の名で東宝歌舞伎などの芝居やテレビドラマに出演しており、また振付師としても宝塚歌劇団などで振付をしていた。襲名後は家元三代目花柳壽輔の後見を二代目花柳壽楽とともに務め、流派を支えた。芳次郎は2007年に一線を退くと共に名跡を孫に譲り、自らは花柳寛應(はなやぎ かんおう)に改名する予定であった。しかし寛應襲名披露の直前に三代目壽輔が急逝したため、四代目壽輔を継ぎ家元となった。六代目は五代目芳次郎(四代目壽輔)の孫、花柳創右が襲名している。

初代[編集]

のちの初代花柳壽輔(1821-1903)。吉原の出であることから(「よし」を取り)芳次郎を芸名とす[1]

二代目[編集]

初代の長男(弘化2年(1845年) - 明治6年(1873年8月29日)。歌舞伎役者瀬川路之丞として著名だったが、29歳で没す。

三代目[編集]

初代の養子(明治3年(1870年10月 -?)。明治3年深川大工町にて、銀座役人福島惣右衛門の三男・惣吉として生まれる[2]。父親が転業し、日本橋区元大阪町(現・日本橋人形町1丁目辺り[3])にて茶会席「浪速屋」を開店、9歳のとき客前で踊りの手振りなどをしていたところ、初代花柳寿輔から誘いがあり、養子となって寿輔のもとで舞踏家として育つ[2]。初代没後養子縁組解消。

四代目[編集]

花柳つる(初代寿輔の養女)の養子(明治36年(1903年5月18日 - 昭和46年(1971年9月6日[4]。本名は花柳幾太郎。旧姓金子[4]

東京日本橋の生まれ、幼くして初代花柳徳太郎(明治11年生まれ。初代寿輔の親戚で養子[5])の弟子となり、1927年に芳次郎を襲名。1967年に花柳芳瞠を名乗った。戦時中以降活動の拠点が上方であった。著作に『夙川夜話』[4]

五代目[編集]

四代目芳次郎の長男・花柳寛(1931年-)。1967年に五代目芳次郎襲名、2007年に四代目花柳壽輔となる。

六代目[編集]

五代目芳次郎の妹の孫・花柳創右(1992年-)。2007年に花柳芳次郎 (6代目)を襲名、2016年に五代目花柳壽輔となる。

参考文献[編集]

  • 河村常雄 『河村常雄の家元探訪』読売新聞、2007年。
  • 柴崎四郎 『通史花柳流 花の流れ一世紀』59頁、96頁、136-138頁。 自由国民社、1985年。ISBN 978-4-426-50018-4
  • 花柳芳次郎(5代目) 『舞の道 花柳芳次郎自伝』阪急コミュニケーションズ、2007年。ISBN 978-4-484-07208-1
  • 藤田洋『日本舞踊ハンドブック』三省堂、2001年、ISBN 4-385-41046-1
  • 藤田洋『日本舞踊ハンドブック改訂版』三省堂、2010年、ISBN 978-4-385-41066-1

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『踊の秘訣 : 花柳界名家』兼子伴雨 編 (大屋書房, 1912) p41
  2. ^ a b 『踊の秘訣 : 花柳界名家』 兼子伴雨 編 (大屋書房, 1912) p34
  3. ^ 清心丹・創業の地 ~江戸期の日本橋・元大坂町清心丹
  4. ^ a b c 花柳芳次郎(4代) はなやぎ よしじろう日本人名大辞典+Plus
  5. ^ 『踊の秘訣 : 花柳界名家』 兼子伴雨 編 (大屋書房, 1912) p48

関連項目[編集]

外部リンク[編集]