花といきもの立体図鑑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
花といきもの立体図鑑
ジャンル 図鑑ソフト
対応機種 ニンテンドー3DS
開発元 任天堂
発売元 任天堂
人数 1人
メディア 3DSカード
ダウンロード販売
発売日 パッケージ版
2011年9月29日
ダウンロード版
2012年11月1日
対象年齢 CERO:教育・データベース
売上本数 35,789本[1]
その他 セーブデータ数3つ
テンプレートを表示

花といきもの立体図鑑』(はなといきものりったいずかん)は、2011年9月29日任天堂より発売されたニンテンドー3DS用ソフト。ニンテンドー3DS用として、初めて教育・データベースに区分されたソフトでもある。

植物を1286種類、昆虫を386種類、鳥を166種類収録した図鑑ソフト。植物や生物の写真や解説は平凡社より提供される。名前が解らない生物の場合、特徴からの絞り込みで検索が可能。またリンクを辿る事で、検索した生物・植物の生態系 (他の生物・植物との関わり) を調べる事も出来る。

2011年9月22日に、任天堂ホームページにて「社長が訊く『花といきもの立体図鑑』」が公開された。

制作[編集]

  • 制作・著作
  • 植物写真監修 - 木原浩
  • 植物監修 - 森田龍義/門田裕一
  • 図鑑校正
  • ムービー収録
    • 株式会社東京シネマ新社
  • 3D映像制作・撮影

脚注[編集]

  1. ^ 『ファミ通ゲーム白書2013 補完データ編(分冊版)』 エンターブレイン2013年2016年3月25日閲覧。

外部リンク[編集]