臭化白金(IV)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
臭化白金(IV)
識別情報
CAS登録番号 68936-92-1
特性
化学式 PtBr4
モル質量 514.700 g/mol
外観 黒茶色結晶
融点

180 ℃ (分解)

への溶解度 0.41 g/100mL (20 ℃)
溶解度 エタノールジエチルエーテル[1]に可溶
危険性
安全データシート(外部リンク) [1]
EU分類 腐食性 (C)
NFPA 704
NFPA 704.svg
0
2
1
Rフレーズ R34
Sフレーズ S20, S26, S36/37/39, S45, S60
引火点 不燃性
関連する物質
その他の陰イオン フッ化白金(IV)
塩化白金(IV)
ヨウ化白金(IV)
その他の陽イオン 臭化ニッケル(II)
臭化パラジウム(II)
臭化白金(II)
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

臭化白金(IV)(しゅうかはっきん よん、Platinum(IV) bromide)は、化学式が PtBr4 と表される白金臭化物である。

臭化白金(IV)と臭化金(III)の混合水溶液を濾紙に染み込ませ、未知の試薬を一滴垂らすことにより、セシウムイオンの存在を検査することができる。セシウムイオンが存在する場合は灰色または黒色に変わる。しかし、この反応のメカニズムはいまだに分かっていない[2]

脚注[編集]