塩化白金(II)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
塩化白金(II)
識別情報
CAS登録番号 10025-65-7
ChemSpider 2668
特性
化学式 PtCl2
モル質量 265.99 g/mol
密度 6.05 g/cm3, 固体
融点

581 ℃

沸点

分解

構造
結晶構造 六方晶系
熱化学
標準生成熱 ΔfHo −123.4 kJ mol−1[1]
危険性
EU分類 有害 (Xn)
EU Index Not listed
Rフレーズ R42/43
Sフレーズ S22, S24, S37, S45
引火点 不燃性
関連する物質
関連物質 テトラクロリド白金(II)酸
塩化白金(IV)
ヘキサクロリド白金(IV)酸
ヘキサクロリド白金(IV)酸カリウム
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

塩化白金(II)(えんかはっきん に、platinum(II) chloride)は、化学式が PtCl2 で表される2価の白金塩化物である。他の白金化合物の合成の出発物質として非常に重要な物質である。

合成[編集]

β-PtCl2 は、空気中でヘキサクロリド白金(IV)酸を 350 ℃ まで加熱することによって得られる。ヘキサクロリド白金(IV)酸水溶液はヒドラジンで還元できるが、他の方法より手間がかかる[2]

H2[PtCl6] → PtCl2 + Cl2 + 2 HCl

ヘキサクロリド白金(IV)酸は白金を王水に溶かすことによって簡単に得られる。白金を高温の塩素と反応させる方法では、塩化白金(II)ではなく塩化白金(IV)が生じ、過度の塩素化を必要とするため困難である。Berzeliusや、後にWöhlerは塩化白金(IV)を 450 ℃ まで加熱することで塩化白金(II)と塩素に分解することを示している[3]

PtCl4 → PtCl2 + Cl2

これらは発熱反応であるため、反応が始まるとより促進される。さらに加熱すると、塩化白金(II)は白金と塩素に分解する。

PtCl2 → Pt + Cl2

性質[編集]

異なる結晶系が2種類あるが、主な特性はほぼ同じである。黒色あるいは暗緑色の無臭の固体で、水に不溶。塩酸には溶解してテトラクロリド白金(II)酸を生成するが、一部は白金およびヘキサクロリド白金(IV)酸に不均化する。

PtCl2 + 2 HCl → 2 H+ + [PtCl4]2−
2 PtCl2 + 2 HCl → Pt + 2 H+ + [PtCl6]2−

加熱により白金と塩素に分解する。

構造[編集]

塩化白金(II)と塩化パラジウム(II)の構造は類似していて、これらの構造はα六量体、またはβポリマー中に存在する。β相は 500 ℃ でα相に変化する。Pt-Pt 間距離は 34 nm 前後である。各白金中心には4個の塩素原子が配位している。各塩素中心は2個の白金原子に配位している[4]

β-PtCl2の構造。立方格子の頂点・中心を削除し、立方体と、それに内接した八面体が交わる点に白金原子、それ以外の点に塩素原子をおく。


用途[編集]

塩化白金(II)の反応は、ほとんどが配位子 (L) との錯体生成反応であり、これらによって Pt-Cl-Pt 結合の間を通して解重合が行われる。

PtCl2 + 2 L → PtCl2L2

しかし、これに当てはまらない場合もある。アンモニアを作用させた場合ではまず PtCl2(NH3)2 が生じるが、最終的にはテトラアンミン白金(II)テトラクロリド白金(II) ([PtCl4][Pt(NH3)4]) が得られる。

以下は白金の錯体の一覧である[5]

  • K2PtCl4 広く使われている白金の化合物。桃色。
  • cis-PtCl2(NH3)2 シスプラチンとしてよく知られている医薬品。無色。
  • cis-PtCl2(PPh3) PtX(Cl)(Ph3P)2 (X = H, CH3 etc.) タイプの白金錯体の中で広く使われている。容易に結晶化する。無色。
  • trans-PtCl2(PPh3)2 シス体の準安定類縁体。無色。
  • PtCl2(cod) 置換活性な配位子を含む。有機溶媒に易容。無色。

これらの錯体の中には、有機合成の均一系触媒作用や、制がん作用を持つものもある。

脚注[編集]

  1. ^ D.D. Wagman, W.H. Evans, V.B. Parker, R.H. Schumm, I. Halow, S.M. Bailey, K.L. Churney, R.I. Nuttal, K.L. Churney and R.I. Nuttal, The NBS tables of chemical thermodynamics properties, J. Phys. Chem. Ref. Data 11 Suppl. 2 (1982).
  2. ^ Kerr, G. T.; Schweizer, A. E. (1980). “β-Platinum(II) Chloride”. Inorg. Synth. 20: 48–49. doi:10.1002/9780470132517.ch14. 
  3. ^ Wöhler, L.; Streicher, S. (1913). “Über das Beständigkeitsgebiet von vier wasserfreien Platinchloriden, über die Flüchtigkeit des Metalls im Chlorgas und die Darstellung sauerstoff-freien Chlors”. Chem. Ber. 46: 1591-1597. doi:10.1002/cber.19130460252. 
  4. ^ Holleman, A. F.; Wiberg, E. "Inorganic Chemistry" Academic Press: San Diego, 2001. ISBN 0-12-352651-5.
  5. ^ Cotton, S. A. "Chemistry of Precious Metals," Chapman and Hall (London): 1997. ISBN 0-7514-0413-6