腸絨毛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
腸絨毛
Small intestine low mag.jpg
小腸の粘膜の絨毛 H&E染色
Gray1058.png
十二指腸の部分図
概要
表記・識別
ラテン語 villi intestinales
ドーランド
/エルゼビア
v_08/12857047
Gray's p.1174
TA A05.6.01.011
FMA 76464、15072
解剖学用語

腸絨毛(ちょうじゅうもう、: Intestinal villus)とは、小腸内壁の輪状ひだ(ケルクリング皺襞)に存在する突起のこと。俗に柔毛(じゅうもう)、柔突起(じゅうとっき)とも呼ばれるが、これらは下記の微絨毛を指す場合もある。中学校の教科書などでは「柔毛」が採用されている。

絨毛の表面にはさらに小さな突起が無数に存在しており、これを微絨毛と言う。栄養吸収の効率を良くするため、小腸の表面積を増やす仕組み。大人一人あたり数百万から数千万存在すると言われる[誰によって?]

表面積を概算すると、平均的な体型の成人男性の場合でテニスコート一面とほぼ同じ面積になる。

関連項目[編集]