脊髄磁場計測装置

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

脊髄磁場計測装置脊髄の電気的な活動によって生じる磁場を高感度磁気センサを用いて計測、可視化する技術である。

概要[編集]

従来より超伝導量子干渉素子(SQUID)を利用して脳磁図のデータの取得が行われてきたが、脳からの信号の伝達を調べるためには脊髄中に針を刺して電気信号を取り出す必要があり、非侵襲での検査が望まれていた。痛みが生じる箇所に病気の原因があるとは限らないため、神経系の病気は原因がどこにあるのか非常に分かりにくく、そうした神経活動が伝達していない部位を特定するために開発された[1]

脊髄からの磁場は脳磁場のさらに10分の1ほどで地磁気の100億分の1程度の強度しかないため、検出には超伝導量子干渉素子(SQUID)を使用して検出した磁場データに、磁場源解析と呼ばれる処理を行うことによって、脊髄の神経活動を画像情報として可視化する[2]

リコー東京医科歯科大学金沢工業大学先端電子技術応用研究所、首都大学東京横河電機の共同開発によって開発された[2][1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 庄司智昭 (2016年2月2日). “脊髄機能を見える化するセンサー、MRIと併用へ”. EE Times Japan. 2016年12月9日閲覧。
  2. ^ a b 世界初の脊髄障害診断装置を開発”. 金沢工業大学 (2010年5月26日). 2016年12月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]