能登丼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

能登丼(のとどん)は、石川県奥能登地区で提供されているご当地グルメである。

概要[編集]

輪島市珠洲市穴水町能登町、民間事業者、地域づくり団体等によって設立された「奥能登ウェルカムプロジェクト推進協議会」が推進する「奥能登食彩紀行プロジェクト」のもと開発された料理で、下記を定義としている。

【食 材】

  • 奥能登産のコシヒカリを使用
  • 奥能登の水を使用
  • メイン食材に地場でとれた旬の魚介類 、能登で育まれた肉類・野菜又は地元産の伝統保存食を使用

【食 器】

  • 能登産の器を使用
  • 能登産の箸を使用
  • 箸はお客様にプレゼント

【調 理】

  • 健康、長寿、ヘルシーにこだわっている(塩分控えめ、動物性油を使わない、もしくは少量使用)
  • オリジナリティ(奥能登らしい、店独特のもの)あふれる丼
  • 奥能登地域内で調理し、提供


外部リンク[編集]