背割堤 (八幡市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
背割堤と桜並木
さくらであい館展望塔から見た桜並木

背割堤(せわりてい)は、京都府八幡市にある堤防である。宇治川(淀川)と木津川の合流部に全長1.4kmに渡って二つの河川を区切るように設置されている。洪水発生時に両河川をスムーズかつ安全に合流させる役割を果たしている。

淀川河川公園の景観保全地区に指定され、ソメイヨシノが約250本植えられているため、毎年4月には花見客でにぎわっている。

歴史[編集]

明治時代まで木津川は京都市伏見区)付近で宇治川に合流していた。1800年代後半には明治大洪水をはじめとして、淀川で多数の水害が発生した。そのため、木津川と宇治川の合流部を現在の三川合流部に付け替える淀川改良工事が行われ、1910年に現在の流路となった。更に1917年の大正大洪水の被害を受けて河川改修が行われ、現在の背割堤が建設された。

1970年代までは堤防にマツが植えられていたが、虫害のためソメイヨシノに植え替えられ現在に至っている。1988年4月より桜並木の一般開放を開始した[1]

開放時間[編集]

  • 9時-17時

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ "市制施行35周年を迎えました" 「広報やわた」第592号(2012年11月)第9面

参考文献[編集]

  • 植村善博 『京都の治水と昭和大水害』 文理閣2011年ISBN 978-4-89259-652-0
  • "" 2012年4月15日付朝日新聞朝刊(大阪本社13版)
  • “三川合流部付近の八幡市・京都市の飛び地について”. 京都新聞夕刊. (2011年11月5日) 

関連項目[編集]