肩胛骨は翼のなごり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

肩胛骨は翼のなごり(けんこうこつはつばさのなごり、原題:Skellig)はデイヴィッド・アーモンドによる児童文学1998年カーネギー賞ホワイトブレッド賞を受賞した。日本では山田順子の訳で東京創元社から2000年に出版された(ISBN 4488013996)。

あらすじ[編集]

生まれたばかりの妹が心臓病である10歳の少年マイケルは引っ越した先の崩れそうなガレージで謎の食べ物「27番と53番」とアスピリンを要求し虫の屍骸を食べて生きる奇妙な男スケリグを見つける。隣りに住み、母親から家で教育を受ける新しい友人ミナの助けでその奇妙な生物を取り壊されるガレージから安全な場所へ移すと彼に翼が生えている事に気付く。二人はリューマチで体が動かないスケリグを隠れて世話する。そして回復したスケリグにより不思議な体験をする。