羽生オフレールステーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

羽生オフレールステーション(はにゅうオフレールステーション、略称 羽生ORS)は、埼玉県羽生市藤井下組697-1にある日本貨物鉄道(JR貨物)の施設(オフレールステーション)である。

概要[編集]

埼玉県北部・群馬県南部一帯のコンテナを集配し、拠点貨物駅へ発送する役割を持つ。

利用状況[編集]

  • 2002年度
    • 発送 14,720トン、到着 22,690トン
  • 2003年度
    • 発送 20,344トン、到着 29,715トン
  • 2004年度
    • 発送 25,161トン、到着 40,800トン
  • 2005年度
    • 発送 22,514トン、到着 58,245トン

施設周辺[編集]

周辺は、羽生市街地東側の工場と田畑と住宅地の入り混じる地域の一角に所在する。

なお、JRの線路は徒歩圏にはなく、最寄りの鉄道駅は東武鉄道羽生駅で、東口まで一本道ではあるが3.2km、徒歩40分ほどの距離となる。JRで最も近い旅客駅は宇都宮線栗橋駅であるが、13kmほど離れている。

トラック便についても、越谷・宇都宮の両貨物ターミナル駅までいずれも50km前後の距離を輸送する必要がある。ちなみに当地からもっとも近い貨物駅は直線距離で20km程の高崎線熊谷貨物ターミナル駅である。

歴史[編集]

  • 2000年平成12年)10月10日 - 付近に貨物駅がなかった地域の利便性を高めるために、JR貨物が開設。