群馬大学病院腹腔鏡手術後8人死亡事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

群馬大学病院腹腔鏡手術後8人死亡事故(ぐんまだいがくびょういんふくくうきょうしゅじゅつご8にんしぼうじこ)とは、前橋市群馬大学医学部附属病院2010年から2014年の間に、腹腔鏡による肝臓切除手術を受けた患者8人が相次いで死亡した事故[1][2]

概要[編集]

2010年(平成22年)から2014年(平成26年)に渡って、群馬大学医学部附属病院(群馬大学病院)の第二外科消化器外科)で行われた腹腔鏡を用いた肝臓切除手術において、術後、相次いで8人の患者が死亡した。8人を執刀したのはいずれも同じ医師で、全員が術後4か月未満に肝不全などで死亡した。同大学病院は最終調査報告書において、全部のケースで医師の過失があったと認めた[3]。この医師が行った別の開腹手術でも患者10人が術後に死亡していることが分かっている[4]ので、2009年度以降、40代の男性医師による腹腔鏡手術と開腹手術で、18人の患者が相次いで死亡したことになる[5]

報道[編集]

東北地方のブロック紙河北新報は、1面コラム「河北春秋」で貝原益軒養生訓から「医を学ぶ者、もし生まれつき鈍にして、その才なくんばみづから知りて早くやめて、医となるべからず」を引き、にわかには信じがたい事故であると非難した[6]

なお、内部調査委員7名を主体としたによる内部調査報告は、『医療安全を学んだことがない人による、責任追及型の事故調査をした典型的な失敗例』とする指摘がある[7]

経過[編集]

  • 今回の事件の影響として、群馬大学医学部附属病院は2015年6月1日をもって特定機能病院を取り消された[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “腹腔鏡手術後8人死亡 群馬大病院、同じ医師が執刀”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2014年11月14日). http://digital.asahi.com/articles/ASGCG35YSGCGUHNB003.html 2015年3月5日閲覧。 
  2. ^ “腹くう鏡手術 患者8人全員の診療に過失”. NHKニュース (日本放送協会). (2015年3月3日). オリジナル2015年3月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150303043615/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150303/k10010002281000.html 2015年3月5日閲覧。 
  3. ^ “腹腔鏡手術、全8人で過失 群馬大病院が最終報告”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2015年3月3日). http://www.asahi.com/articles/ASH33332YH33UHNB002.html 2015年3月5日閲覧。 
  4. ^ “群馬大病院、開腹手術でも10人死亡 腹腔鏡と同じ医師”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2014年12月22日). http://digital.asahi.com/articles/ASGDQ3FKVGDQULBJ009.html 2015年3月5日閲覧。 
  5. ^ TBS news
  6. ^ “河北春秋”. 河北新報 (河北新報社). (2015年3月5日). http://www.kahoku.co.jp/column/kahokusyunju/20150305_01.html 2015年3月5日閲覧。 
  7. ^ “群馬大の医療事故調査は典型的な失敗例!?”. 日経メディカルオンライン. (2015年5月19日). http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t241/201505/542039.html 
  8. ^ 塩崎大臣会見概要 H27.4.30(木)17:13-17:29 省内会見室 厚労省

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

関連図書[編集]