織田高元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
織田高元
時代 江戸時代前期
生誕 寛文7年(1667年
死没 元禄6年1月9日1693年2月13日
別名 通称:七平、平左衛門
幕府 江戸幕府旗本
主君 徳川綱吉
氏族 織田氏(信高流高家)
父母 父:織田一之
兄弟 信門高元
養子:助次郎

織田 高元(おだ たかもと)は、江戸時代前期の旗本通称は七平、平左衛門。

生涯[編集]

旗本・織田一之の次男として誕生した。

貞享元年(1687年7月10日、一之の隠居により兄・信門が家督を継いだ際、兄から近江国神崎郡内で500石を分け与えられる。旗本となり、小普請組に所属する。後に書院番や桐間番を勤める。

元禄6年(1693年)1月9日、死去。享年27。養子・助次郎の死去により、同家は無嗣改易となった。