織田大蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

織田 大蔵(おだ たいぞう、1894年 - 1972年7月7日[1]は、日本の実業家。

来歴・人物[編集]

福島県伊達郡保原町大田出身[2]。貧しい家庭に生まれ、保原町の小学校を卒業後に精米所、米屋、繭の仲買人などの商売を行ない、貯めた金で福島電気鉄道(現在の福島交通)の株を買い、大株主として入社し、監査役、取締役、副社長などを経て社長に就任した。

ワンマン経営で労働法を無視して社員を犠牲にして成りあがった守銭奴[3]という評価がある一方、貧しい身の上から成りあがり、東北地方の長者番付で第1位[4]にまでなった成功者として評価する意見も存在する。

経歴[編集]

1958年には郡山商工会議所第12代会頭に就任[5]するも同年9月の臨時議員総会で退任。

1961年に福島県南部のバス会社、福島県南交通を併合する。1962年には福島電気鉄道の社名を現在の福島交通へ変更した。

極めて強引な経営で知られ、社長時代は労使紛争が常態化していた。1967年には450人もの社員の解雇を行ない、その後、福島地裁から解雇者24人分の給料支払の強制執行を言い渡されている。

1968年小針暦二らに追われる形で福島交通社長を退任。

1971年2月、保原町町長選挙に立候補するも落選。[2]

1971年6月、第9回参議院議員通常選挙全国区に立候補するも落選。[2]

エピソード[編集]

  • 郡山市内で福島交通に代わるバス会社を作る運動が本格化した時、もし新しいバス会社を認可したら騒ぎを起こして責任問題にしてやると当時の運輸大臣までも脅し、その運動を潰したと伝えられる。
  • 福島県で2局目のテレビ局の周波数が割り当てられた際、9社もの会社が予備免許の申請に名乗りをあげたが、その中にいた織田大蔵と激しいやりとりをした末にラジオ福島(RFC)や福島民報社が織田と関わることを避けて申請を取り下げてしまった。そのため残った申請社の一つの福島中央テレビ(FCT)に予備免許が交付され、開局したのが現在の福島中央テレビである[6]
  • 「飯より好きな喧嘩して・・戦い抜いて生き続けてまいりました・・閻魔大王がおるとしたなら一戦交えてみたいと楽しみながら・・云々」という遺言が伝わる。

織田大蔵を扱った作品[編集]

  • 清水昌夫 『経営者を叱る―読んでおもしろい大蔵語録』 タナベ経営 1981年7月 ISBN 4884806654
  • 今泉正顕 『大物になる本―見栄も外聞も捨ててこそ』 知的生きかた文庫 三笠書房 1984年10月 ISBN 483790016X
  • 梶山季之 『男は度胸』 集英社 1991年12月 ISBN 4087497747 (織田大蔵をモデルにした小説『勝てば官軍』を収録)

参考文献[編集]

  • 福島交通労働組合 編 『勝利の朝は来た : 福島交通民主化闘争の記録』 労働旬報社 1969年
  • 清水昌夫 『大蔵語録』 伊達物産ブッサン・ジャーナル編集部 1974年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 福島民報 1972年7月9日朝刊
  2. ^ a b c 福島民友新聞 1972年7月8日夕刊
  3. ^ 福島交通労働組合 編 『勝利の朝は来た : 福島交通民主化闘争の記録』 労働旬報社 1969年
  4. ^ 名言DB | リーダーたちの名言集 - 織田大蔵
  5. ^ 郡山商工会議所 - 会議所のあゆみ
  6. ^ 福島中央テレビ編 『燃えろFCT』 1970年4月


関連項目[編集]