織田一朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
織田一朗
(おだ いちろう)
生誕 (1947-09-27) 1947年9月27日(73歳)
日本の旗 石川県金沢市
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 時計時間の研究
研究機関 山口大学
出身校 慶應義塾大学法学部
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

織田 一朗(おだ いちろう、1947年9月27日[1] - )は、時計時間研究家。山口大学の客員教授である。

経歴[編集]

石川県金沢市生まれ。1971年慶應義塾大学法学部法律学科卒業、服部時計店(現セイコー)に入社。東京名古屋市の営業所で時計営業に従事。1983年広報室勤務。販売企画、宣伝を担当しているうちに『時』の世界の不思議さと面白さに開眼しPR誌「時への旅立ち」を創刊。秘書室、総務部勤務を経て1997年に独立、時の研究を続ける。山口大学時間研究所客員教授[2]である。

著書[編集]

  • クオーツが変えた"時"の世界』日本工業新聞社 ポピュラーサイエンスブックス 1988
  • 『時計の針はなぜ右回りなのか 時計と時間の謎解き読本』草思社 1994 のち文庫
  • 『日本人はいつから<せっかち>になったか』PHP新書 1997
  • 『時計にはなぜ誤差が出てくるのか』中央書院 1998
  • 『歴史の陰に時計あり!! 時計で世界の出来事をウオッチング』タスクフォース1編 グリーンアロー出版社 1998
  • 『時と時計の百科事典 時間と時計に関する疑問を解く』タスクフォース1編 グリーンアロー出版社 1999
  • 『時計と人間 そのウォンツと技術』裳華房 ポピュラー・サイエンス 1999
  • 『知ってトクする時と時計の最新常識100』ホーム社 2000
  • 『「時」の国際バトル』文春新書 2002
  • 『あなたの人生の残り時間は? 時計と時間のウンチク話』草思社 2004
  • 『時と時計の雑学事典』ワールドフォトプレス ワールド・ムック 2008
  • 『「世界最速の男」をとらえろ! 進化する「スポーツ計時」の驚くべき世界』草思社 2013

監修[編集]

  • 『時計の大研究 日時計からハイテク時計まで 時計のすべてがわかる!』監修 PHP研究所 2004

脚注・リンク[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 『「世界最速の男」をとらえろ!』著者紹介