緑川賢司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

緑川 賢司(みどりかわ けんじ、1967年3月7日 - [1] )は、実業家、株式会社ミナロ代表取締役、OCASILA inc.代表取締役、NPO法人全日本製造業コマ大戦協会名誉顧問。

来歴[編集]

神奈川県横浜市出身。1985年4月磯子高校卒業。

1987年木型工場に職人として就職、2002年7月木型工場の廃業に伴い、同8月にミナロを創立[2]

2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、2015年2月には『世界コマ大戦』[3]を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展させた。

2016年3月、OCASILA inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」[4]をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

人物・エピソード・発言[編集]

中学生の時に父親が他界、母子家庭に育つ。

佐久間象山近藤勇に語った言葉、「10歳までは自分のことだけを考えろ、10代は家族のことを、20代は自分のくに(故郷)のことを考えろ、30代で日本のことを考え、40代で世界のことを考えろ。」を自身のガイドラインにしている。

また、ドバイ国王、シェイクムハンマドの「From Vision to Reality(ビジョンを掲げろ現実となる)」に感化され、ビジョンのもつ力を伝播させている。

2015年には、映画『未来シャッター』で主演を演じた[5]

2016年には、富山県氷見市で初のTEDxHimi2016のスピーカー[6]を努めた。

出演映画[編集]

主な出演番組[編集]

テレビ、ラジオ番組

  • 2006年 1月 『TVチャンピオン』コロコロからくり装置王3
  • 2006年 5月 TBSテレビ『筑紫哲也NEWS23』
  • 2006年 8月 TV神奈川『パペットマペットのサイエンスでしょ!?』
  • 2006年 8月 NHK『ラジオあさいちばん』
  • 2009年 2月 横浜テレビ局『企業の履歴書』
  • 2009年10月 フジテレビ『どーも☆キニナル!』
  • 2009年11月 JCN系『ひとものがたり』
  • 2011年11月 テレビ神奈川『enjoy横濱ライフ』
  • 2012年 2月 NHK『Bizスポ』
  • 2012年 8月 TBSラジオ『森本毅郎・スタンバイ!』
  • 2012年 9月 NHK『サキどり!』
  • 2012年 9月 BS11『山口義行の中小企業家新聞』
  • 2012年 9月 J:COM『夕なび 湘南~横浜』
  • 2012年11月 NHK『サキどり!』
  • 2013年 1月 ブルーレディオドットコム
  • 2013年 2月 フジテレビ『スーパーニュース』
  • 2013年 2月 NHK『サキどり!』
  • 2013年 9月 日本テレビ『スッキリ!』
  • 2013年 9月 BS11『山口義行の中小企業家新聞』
  • 2013年11月 文化放送『福井謙二グッモニ』
  • 2014年10月 テレビ朝日『テレメンタリー2014』「コマに技あり〜町工場から世界を目指せ〜」
  • 2015年 2月 NHK総合『ひるまえほっと』
  • 2016年12月 『NHKスペシャル』長時間労働
  • 2017年 1月 NHK『ラジオ深夜便』
  • 2017年 6月 テレビ朝日『マツコ&有吉 かりそめ天国』
  • 2018年 2月 TV神奈川『神奈川ビジネスUp To Date』

執筆[編集]

  • 2004年 1月 日刊工業新聞「機械設計」
  • 2004年12月 大河出版「ツールエンジニア 12月号」
  • 2006年 3月 機械設計4月別冊RT
  • 2007年11月 日刊工業新聞「ロボットビジネス 勝利の方程式」
  • 2011年11月 朝日新聞「仕事のビタミン」連載
  • 2011年12月 月刊『信用金庫』
  • 2012年12月 MONOist 心技隊流「未来を創るヒント」
  • 2016年 2月 月刊『経団連』

書籍[編集]

  • 『直径2センチの激闘』(2012年、ISBN 978-4-526-07024-2、日刊工業新聞社)[8]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]