緑は危険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
緑は危険
著者クリスチアナ・ブランド
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語英語
ジャンル犯罪小説
出版社Dodd, Mead and Company
出版日1944年
出版形式印刷本(ハードカバーペーパーバック
ページ数199ページ

緑は危険』(みどりはきけん、Green for Danger)は、1944年に発表されたイギリスの小説家クリスチアナ・ブランド探偵小説[1]、その巧妙な筋書き、興味深い人物造形、戦時下の病院という場面設定などが高く評価されている。後に映画化され、1946年の映画青の恐怖』(原題は小説と同じ Green for Danger)が制作され[2][3]、映画史家たちによってミステリー小説の黄金時代 (Golden Age of Detective Fiction) における最も優れた映画化作品のひとつと見なされている。

あらすじ[編集]

第二次世界大戦下の1944年、イギリスの田舎の病院で、殺人事件が起こる。コックリル警部 (Inspector Cockrill) は、麻酔中に死んだ患者が事故死ではなかったと明らかになった後に、婦長を殺した犯人探し英語版にあたる。途中の時点でコックリルは、「私の存在は、棺を覆う布のように病院全体に及んだが、それはとてつもなく楽しいことだった (My presence lay over the hospital like a pall - I found it all tremendously enjoyable)」と述べる。さらに看護婦に対する殺人未遂事件が起こり、被害者が重体になると、警部は殺人犯の正体を明かすべく捜査体制を組み直す。

日本語訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ デジタル大辞泉プラス『緑は危険』 - コトバンク
  2. ^ Green for Danger (1946) - IMDb(英語)
  3. ^ 青の恐怖 - Movie Walker
  4. ^ 緑は危険”. 国立国会図書館. 2018年4月19日閲覧。