この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

網本麻里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

網本麻里
Mari Amimoto.jpg

網本 麻里(あみもと まり、 1988年11月15日[1] - )は、大阪府大阪市出身の女子車いすバスケットボール選手。ポジションはフォワード。大阪国際大学卒業[2]。関西の女子車椅子バスケチームカクテルに所属。

小学校3年生の時からミニバスの経験があったが、右足つま先の骨内側に折れ曲がるように変形する障害のため、中学では1年生のときには医師よりバスケを禁止され、2年の夏にはつま先の骨を切る手術をしてバスケットボールができなくなった。その後は母と一緒に訪れた大阪市長居障害者スポーツセンターで車いすバスケットボールに出あった。その後は高校1年生で代表に選ばれ、以来代表を続けている。

2007年6月に行ったドイツとの親善試合では世界記録となる1試合38得点を決めている。2008年2月にもアメリカ合衆国カナダオーストラリアと共に行った親善試合では日本から唯一の優秀選手に選ばれている[3]。同年にはチーム最年少の19歳で北京パラリンピックの代表に選ばれ、チームは4位でメダル獲得はならなかったが、7試合133得点で大会の得点王に輝いた。2011年、車椅子バスケット女子U25世界選手権大会のメキシコ戦で、51得点し1試合得点の女子世界記録を打ち立てた[2]

オーストラリアのプロ車いすバスケットボールチームが獲得に動いたこともある[3]

出典

関連項目

外部リンク