絶縁耐力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

絶縁耐力(ぜつえんたいりょく、dielectric strength)とは、絶縁体絶縁状態を保てなくなる電圧電界強度をいう。例えば、空気は低電圧下では絶縁体だが、およそ 3 × 106 V/m[1]の電界で絶縁破壊される。


出典[編集]

  1. ^ http://hypertextbook.com/facts/2000/AliceHong.shtml