細川義洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

細川 義洋(ほそかわ よしひろ、1964年11月29日 - )は、日本の作家。神奈川県横浜市生まれ。

立教大学経済学部を卒業後、情報システム関連企業でシステムエンジニアコンサルタント業に従事する傍ら2008年から東京地方裁判所民事調停委員を務め情報システムに関わる紛争の和解調停を行っている。2013年には、これらの経験を元に情報システム開発プロジェクトの危険や注意点をまとめた『なぜ、システム開発は必ずモメるのか?』を出版してIT作家としてデビューした。

経歴[編集]

出生
1964年11月29日、神奈川県横浜市にて出生。

学歴

職歴

  • 日本電気ソフトウェア株式会社(システム・エンジニア、プロジェクトマネージャ)
  • アイ・ビー・エムビジネスコンサルティングサービス株式会社(ITコンサルタント)
  • 内閣官房 政府CIO補佐官
  • 経済産業省 CIO補佐官
  • 内閣府大臣官房 情報化参与

出典:[1]

著書[編集]

雑誌[編集]

寄稿[編集]

  • 情報処理学会 学会誌「情報処理」vol.55『T紛争の事例とそこから見える問題点・知見 -専門家としてのベンダの責任とユーザの協力義務』[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 日本実業出版社 書籍紹介
  2. ^ 日本実業出版社 書籍紹介
  3. ^ 『日経情報ストラテジー』2013/06号
  4. ^ 情報処理学会 学会誌「情報処理」vol.55

外部リンク[編集]