紅砒ニッケル鉱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
紅砒ニッケル鉱 nickeline
Nickeline.jpg
紅砒ニッケル鉱(カナダ産)
分類 ヒ化鉱物
化学式 NiAs
結晶系 六方晶系
へき開 なし
モース硬度 5.5
光沢 金属光沢
淡銅赤
条痕
比重 7.8
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

紅砒ニッケル鉱(こうひにっけるこう、nickeline)は、蛇紋岩橄欖岩、変成マンガン鉱床中などに見られるヒ化鉱物の一つ。組成はNiAs。ヒ素アンチモンに置き換わると紅安ニッケル鉱(Breithauptite, NiSb)となる。

通常は粒状であるが、ゲルスドルフ鉱とともに大きな球状塊となることもある。

発見当初はと考えられていたが銅を抽出できなかったため、「悪魔の銅」と呼ばれた。1751年アクセル・フレドリク・クルーンステットが本鉱から新元素を発見し、「悪魔の銅」にちなんでニッケルと命名した。その後ニッケルにちなんで"niccolite"と命名されたが、後に修正された。

希少なため、ニッケル資源としては本鉱よりもペントランド鉱珪ニッケル鉱の方が重要である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]