米内山明宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

米内山 明宏(よないやま あきひろ、1952年3月8日[1] - )は、日本の演出家ろう者であり、日本ろう者劇団の代表を務めている[2]

人物[編集]

東京都杉並区生まれ[3][4]東京教育大学附属聾学校専攻科美術科卒業[3]

1980年日本ろう者劇団の設立に関わる[3][4]1987年、文化庁芸術祭賞を受賞する[4]2012年12月末現在、日本ろう者劇団の代表となっている[2]

1999年、ろう者の女性が主人公として登場する映画『アイ・ラヴ・ユー』にて、大澤豊とともに監督として映画制作に関わった。

また、NHK教育テレビの『みんなの手話』にも、講師として出演していた[5]

有限会社手話文化村代表取締役社長である[6]

2013年6月より、ろう者と健聴者のプロレス団体HEROの最高顧問に就任。

著作[編集]

  • 手話は語る-手話で考え手話で話す 評伝社 1988年7月 ISBN 978-4893718082
  • プライド-ろう者俳優米内山明宏の世界 法研 2000年2月 ISBN 978-4879543264

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]