管叔鮮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

管叔鮮(かんしゅくせん)は、文王の三男。姓はで、名は鮮。また、関叔とも称される[要出典]

概要[編集]

武王の12年に、が滅亡した。翌西周の初年に、叔鮮は(現在の河南省鄭州市管城回族区)に封じられて、管叔と称して諸侯となり、帝辛(紂王)の子の武庚禄父とともに殷の遺民を統治する任を与えられた。

彼は兄弟の蔡叔度霍叔処とともに周の三監と称された。

成王の元年、周の成王が即位すると、幼年であったため王族の周公旦が摂政となった。管叔鮮は周公旦に簒奪のたくらみがあるのではないかと疑い、蔡叔度とともに武庚を擁して反乱を起こした。これが三監の乱である。周公旦が東征して、戦争は3年にわたり、管叔鮮は敗れて誅殺された。

史記』管蔡世家では、管叔鮮の子孫は途絶えたと記されているが、宮城谷昌光の小説『管仲』では、姜斉宰相管仲は管叔鮮の子孫ではないかと憶測している。