等角図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

等角図(とうかくず、: isometric projection)とは、投影図のひとつ。等角投影図ともいう。直交する3軸が120度に交わって見えるように投影した図方で[1][2]、物体を斜め上から俯瞰するような図形。ドット絵などにも応用されている。

書き方[編集]

等角図

水平線と垂直線を書く。水平線に対して、30度の線を書き、幅・奥行き・高さの寸法を実物と同じ割合に取る。それぞれの点から各辺に、平行な線を書き、立体の外形を下書きする。不要な線を消し、外形をはっきり書く。


脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 日本大辞典刊行会, ed (1974). “とうかくとうえいず【等角投影図】”. 大日本国語辞典. 14 (初版初刷 ed.). 東京: 小学館. p. 425. ISBN 4095220147. NCID BN01221521. 

外部リンク[編集]