スタークラフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スタークラフト (StarCraft, SC) はブリザード・エンターテイメント1998年に発売したリアルタイムストラテジーコンピューターゲームインターネットディアブロと同じBattle.netのシステムが採用されている)あるいはLAN上の他のプレイヤーと対戦することができる。

2007年5月19日には、続編といえるスタークラフト2の制作発表が公式になされた。

概説[編集]

初めにWindows版が発売され、後にMacintosh版とNINTENDO64版(日本未発売)が発売された。

宇宙での3つの種族間の戦争がテーマとなっており、それぞれの思惑が複雑に絡み合う壮大なストーリーである。 人間(Terran)、エイリアン(Zerg)、宇宙人(Protoss)の3種族があり、それぞれがまったく違った戦闘方法で戦い、勢力争いを行う。

姉妹作であるウォークラフトシリーズと共にこのゲームは世界中で大ヒットし未だにトップクラスの売上を誇っている。

特に大韓民国での人気は爆発的で、テレビ上でプロプレイヤーのリーグ(プロリーグ)がゴールデンタイムで放映されているほど。なお2012年現在リーグ戦にはSKプルレニッがタイトルスポンサーとしてついている。

英語版の日本での販売[編集]

日本では英語版がライトユーザーに馴染まなかった事や、当時インターネットがメジャーになりかけの時代だったため、ネットゲームと言うジャンルでは注目されることなく埋没してしまう結果となった。一番大きな原因として指摘されているのは、日本での輸入代理店ソースネクストが販売に力を入れなかったためと言われている。ほとんど宣伝らしい活動をせず日本語公式Webサイトすら作られなかった。さらにはソースネクストが添付した日本語マニュアルは質の悪い機械翻訳された文章で日本語として意味不明な文章が記載されていた。しかもページの途中で文章が途切れているなど、校正上のミスも存在した。この日本語マニュアルが英語の読めないプレイヤーの手助けになる物で無かったことが、日本における普及の間口をさらに狭くしてしまった一因とされている。

誤訳の延長ですべての登場人物名やユニット名など固有名詞の日本語訳が、英語音声の発音とかけ離れている。

  • templar → 誤 テンプラル 正 テンプラー
  • Aiur → 誤 アイユール 正 アイアー
  • Tassadar → 誤 タソダー 正 タッセダー

日本語版[編集]

英語版が日本国内で発売された後に、日本語版がソースネクストから発売された。しかし、低品質の日本語ローカライズ、英語版のアップグレードパッチを当てられない仕様でバージョン1.0のままで更新されない、英語版とのネットワーク対戦ができないなど多くの致命的欠陥を抱えていた。また、ソースネクストのサポートの問題などもあり、売り上げがまったく振るわなかった。

このゲームの日本国内での販売の不手際からか、これ以後に発売されたブリザード・エンターテイメント社のディアブロIIの日本販売権はカプコンに移った。カプコンに移った後にソースネクスト発売版と同一内容の日本語版がカプコンから発売されていた。(ウォークラフトIIIを最後にカプコンも契約期間終了)

英語版と区別するため、(特に日本語版の)ユーザーからは「スタークラフトJ」「SCJ」(対義語は「SCE」)等と呼ばれることが多い。一般的に日本でスタークラフトとは、日本語版ではなく英語版のスタークラフトに拡張パック(Brood War)を入れたバージョンのゲームをさす。

Brood War(拡張パック)[編集]

StarCraft Brood War(スタークラフト ブルードウォー、育雛戦争)はスタークラフトの拡張パックとして発売された。各種族に新ユニットが2種ずつ加わり(プロトスのみ3種)一部の既存ユニットにも新たな能力も加わったことによって、戦いをより一層複雑なものになっている。シナリオストーリーも新たに3エピソード加わり既存と合わせて6エピソードのストーリーとなった。なお、Brood Warの日本語版は存在しない。

ゲーム内容[編集]

ゲームプレイ[編集]

ゲームは大きく、シナリオモードとカスタムプレイに分かれ、シナリオモードではストーリーを持つゲームが、カスタムモードでは主に敵の撃破を目的としたゲームとプレイヤー等が用意したオリジナルシナリオゲームが行われる。 シナリオモードは、基本セット・拡張パックでそれぞれ3つの種族・エピソードに分かれたシナリオが展開される。基本セットでのシナリオは、序盤ではチュートリアルに近い内容が汲まれているが、エピソード後半になると次第に難易度が上がってゆき、最後の方ではカスタムプレイと同様の操作量が要求されることがおおい。またエピソード番号が大きくなることによってもシナリオの難易度が上がってゆくため、これらのシナリオはそれぞれのエピソードの番号順にやるようにゲーム内で推奨されている。

種族[編集]

テラン(Terran)
科学者によって宇宙へ送られた地球人の末裔。凄惨な内紛を繰り返した末、首都をタルソニス(Tarsonis)におくテラン連邦(Confederacy)の下でつかの間の平和を保っているが、数多くの反対勢力がいまだに平和を脅かしている。
スタンダードな種族。最初にテランを選ぶ人が多いが意外とテクニックを要求されるため奥が深い。探知能力の弱さと脆弱な肉体を火力でカバーし、防御が堅いのが強み。テランの兵器には最高の攻撃力を持つものが多いが、扱いが難しい。主な特徴は、
  • 3種族で唯一無条件で建物を建造できる。また、主要施設は宙に浮かせて移動できる。
  • クローク(迷彩)ユニットはエネルギーを消費して行う。エネルギーが切れるとクローク状態を維持できなくなる。
  • 一部の建物にはそれぞれアドオン(Add-On)と呼ばれる付属建築物を取り付けることができる。これはワーカーを必要とせず、親になる建物物が自ら建設する。敵が放棄したアドオンを自分の建物に接続して再利用することも可能。
  • コムサットステーション(ComSat Station)と言う施設で、エネルギーを消費してマップの任意のエリアをクロークユニット含めて一定時間探知することができる。
  • 広範囲のユニットを一掃し、建物にも大ダメージを与える核ミサイルを発射することができる。全ての種族中最強の兵器だが、あらかじめアドオンである格納庫と、更にそこから弾頭を作らなければならない他、レーザー誘導能力を持つユニットで発射を指示しなければいけない、発射から着弾までの間にそのユニットが殺されると不発するなど、扱いは難しい。
  • 建造物及び機械系ユニットに対してはワーカーであるSCV(Space Construction Vehicle)で修理することで耐久力を回復することが出来る。ただし、修理には資源を消費する。Brood WarではMedicのエネルギーを消費して生体ユニット(ザーグユニットも含まれる)をすばやく回復できる。
  • 防御施設のバンカー(Bunker)は単体では攻撃能力を持たず、中に歩兵を入れる必要がある。SCVを避難させることも可能。
  • 主力戦車のシージェタンク(Siege Tank)は変形して強力な対地固定砲として使用できる。
プロトス(Protoss)
太古の昔にゼル・ナーガ(Xel'Naga)と呼ばれる超文明種族によって創造された長命な種族。ゼル・ナーガが初めて作った種族であるためプロトスと名づけた。故郷はアイアー星(Aiur)。全てのプロトスは信仰を通じて互いに精神的な連関を保っているという。"En Taro Adun(Tassadar)!"という挨拶が特徴的。
高度なテクノロジーと、精神波(psionic)による多彩な特殊能力を誇り、単体戦闘能力は3種族中随一。ただし、シールドが破られると脆い。ロボット技術が発達しており、少数精鋭で最大ユニット数は少なめ。主な特徴は、
  • 建物は「建造」ではなく、全てアイアーからの「転送」という形を取るため、建築は最初にワーカーであるプローブ(Probe)に命じて転送を開始させれば、後は放っておくだけで施設が立つ。
  • パイロン(Pylon)と呼ばれる建物のエネルギーが届く範囲にしか施設を転送できない。エネルギーの供給が立たれると施設は機能停止する。ただしパイロン自身と本拠であるネクサス(Nexus)、ガス採掘用のアシミレーター(Assimilator)を除く。
  • ユニットと建物はHPの他にシールド値を持つ。本体へのダメージは回復できないが、シールドは自然回復するほか、シールドバッテリー(Shield Battery)で補充できる。
  • 常時クローク状態で行動できるユニットを持つ。
  • 自身に攻撃力がなく、内部で生産した小ユニットに攻撃をさせるユニットを持つ。
  • 一部のユニットは2体の融合により新しいユニットを作り出すことができる。
  • ゲーム中唯一敵のユニットを転向することができる。ワーカーを奪えばあらゆる建物、ユニットを作ることが可能になるが、開発、進化は1から行う必要がある。
ザーグ(Zerg)
ゼル・ナーガによって創られたもう一つの有機体種族。故郷はチャー(Char)。ゼル・ナーガから「本質の高潔さ」を与えられた種族を自称する。全てのザーグはセレブレート(Cerebrate)を通じてオーバーマインド(Overmind)という存在に統率されている。
チャーの苛酷な環境に耐え抜くために発達した強靭な肉体が武器。人海戦術を得意とし、圧倒的な数と優れた機動力でマップを席巻することができる。ただし、個々の戦闘能力はおおむね低い。主な特徴は、
  • 全ての建物がドローン(Drone)の変異した有機生命体である。ダメージを与えられても時間の経過により自然治癒する。
  • ユニットはハッチェリー(Hatchery)が生み出す幼虫からしか孵化させられない。生産速度の向上にはハッチェリーを多く造るか、アップグレードさせなければならない。
  • 生産所(ハッチェリー)から全てのユニットが生産され、生産に必需な研究建物を立てるだけで全ての生産所から該当ユニットが生産可能のため、進化の方向転換、変容が容易である。
  • 建物はハッチェリーとガス採掘用のエクストラクター(Extractor)を除いて、クリープ(Creep)と呼ばれる生体カーペットの上にしか建てられない。クリープはハッチェリーかクリープコロニー(Creep Colony)を建てると自動的に広がっていく。
  • 人口をサポートする施設は空中索敵、輸送ユニットであるオーバーロード(Overlord)が兼ねる。
  • ナイダスカナル(Nydus Canal)という地下道でユニットを離れた場所まで転送できる。
  • クロークは行わず、代わりに地面に潜る(Burrow)ことで姿を隠す。ほとんどのユニットはBurrow状態では移動と攻撃ができないが、Brood Warには潜らないと攻撃できないLurkerが登場した。
  • Brood Warではテランの本拠であるコマンドセンター(Command Center)を乗っ取ることができる。ただし、乗っ取られたコマンドセンターはザーグ固有の施設に変化し、本来の機能は失われる。

対戦のプレイスタイル[編集]

マクロ操作系
大部隊を効率的に運営、移動、戦闘させる操作で、全面戦を好む欧米系の人間に秀でる人が多い。全て戦闘員を同時に動かすに修練が必要。
ミクロ操作系
小部隊やユニット単体、非戦闘ユニット(採取ユニット)の緊急避難等の操作等、細かい操作で被害を最小限に効果を最大限にする操作。かなりの修練が必要で、アジア系の人たちに秀でる人が多い。
マイクロ操作系
とにかく動き回る操作。大部隊、小部隊、特殊ユニットすべてを動かし、把握し、駆使する操作。ザーグのみに問われる操作
資源のアドバンテージ
開始直後
Z>T>P
序盤
P>Z>T
中盤
Z>T>P
後半
T=P=Z
兵力のアドバンテージ
開始直後
Z>T>P
序盤
Z>P=T
中盤
T=P>Z
後半
T>P>Z
進化速度のアドバンテージ
開始直後
Z=T=P
序盤
Z=T>P
中盤
P>Z>T
後半
P>Z>T
戦闘のアドバンテージ
開始直後
T>P>Z
序盤
Z=T>P
中盤
Z>T>P
後半
T>Z=P
相手の攻撃に対する柔軟性のアドバンテージ
開始直後
T=P=Z
序盤
T>Z>P
中盤
Z>P=T
後半
Z>P>T
Terran
他のリアルタイムストラテジー(RTS)ゲームと同じ進化手順である、施設建設した順に進化が進む。
初期の人口制限が他種族が9に比べTerranは10である。
強力なメカニックの火力で兵力を蓄えることが出来る。
進化の速度が時間が経つに連れて遅くなる。
それゆえに後半になると変化が無くなる。
Zerg
縦に伸びてて、その付属して来る建設可能施設によって幅が広がる。木の根のような感じ。進化のために最小限の施設だけ用いる。
同時生産が可能なため、初期の資源が集めやすく、拠点建設費が他種族が400に比べ300と建設が容易。
全ての生産が拠点で行われるため、内政と軍事が衝突し、同時生産のアドバンテージが薄れる。
建設のたびに採取ユニットを消費するので、資源採取のアドバンテージも薄れる。
Protoss
最初の進化だけTerranと同じで、その後は兵器、地上、空軍と3通りの進化を選べる。併用も可能。
後半になると強力なユニットが生産可能になる上に、その後半への進化が選べるので戦術の幅が多い。
建設に採取ユニットの労力が要らず、偵察にさける採取ユニットが早い時期に出せる。
進化の方向が多い分、見られたときの戦略の露呈が酷い。
数と火力が活躍する後半では直接戦闘では不利になる。

外部リンク[編集]