透視投影

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

透視投影(とうしとうえい、: perspective projection)とは、3次元の物体を見たとおりに2次元平面に描画するための図法レンダリング手法)である。これによって得られた図は「透視図」「投影図」あるいは英語の perspective から「パース」などと呼ばれる。

透視投影は幾何学的な手続きに基づいて行われる。その図法には1点透視図法、2点透視図法などがある(詳細は遠近法を参照のこと)。

絵画芸術における透視投影[編集]

透視投影

写真カメラの位置に応じて適切に遠近法が適用される。正確な透視投影を使った絵を描きたければ、写真の輪郭をなぞることが手っ取り早い。写真とは異なる大きさの絵を描く場合は、比例コンパス(バリスケーラーとも)を利用すれば、正確な比率の縮尺図を描くことが出来る。

3次元コンピュータグラフィックスにおける透視投影[編集]

3DCGの基本原理も透視投影によるものである。詳細は「3次元コンピュータグラフィックス#原理」を参照。

関連項目[編集]