仲ツ山古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
仲津山古墳から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
仲ツ山古墳
Nakatsuyama-kofun-1.jpg
墳丘(右に前方部、左奥に後円部)
別名 仲津山古墳
所属 古市古墳群
所在地 大阪府藤井寺市沢田4丁目
位置 北緯34度34分12.24秒
東経135度36分44.60秒
座標: 北緯34度34分12.24秒 東経135度36分44.60秒
形状 前方後円墳
規模 墳丘長290m
高さ26.2m
出土品 埴輪勾玉
築造時期 5世紀前半
被葬者宮内庁治定)仲姫命
陵墓 宮内庁治定「仲津山陵」
特記事項 全国第9位の規模[1]
地図
仲ツ山古墳の位置(大阪府内)
仲ツ山古墳
仲ツ山古墳
テンプレートを表示

仲ツ山古墳(なかつやまこふん、仲津山古墳)は、大阪府藤井寺市沢田にある古墳。形状は前方後円墳世界文化遺産古市古墳群を構成する古墳の1つ。

実際の被葬者は明らかでないが、宮内庁により「仲津山陵(なかつやまのみささぎ)」として第15代応神天皇皇后の仲姫命の陵に治定されている。

概要[編集]

古市古墳群の北部、誉田御廟山古墳の北東に位置する。全長290メートル、後円部径170メートル、高さ26.2メートル、前方部幅193メートル、高さ23.3メートルで[2]、古市古墳群で2番目、全国でも9番目の大きさを誇る[1]。墳丘は三段築成で、葺石埴輪が確認される。くびれ部の両側には造り出しがある。国府台地の最高所にあるため、周濠は空濠に近い湿地帯になっている。

主体部については不明であるが、石棺が存在することや勾玉が出土したことが伝えられている。また、発掘調査により、外堤外法面に葺石が施されていることが判明した。出土した埴輪の特徴から、古市古墳群の巨大前方後円墳では、津堂城山古墳に次いで古く、5世紀前半の築造と推定されている。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 古墳大きさランキング(日本全国版)(堺市ホームページ、2018年5月13日更新版)。
  2. ^ 藤井寺南小学校ホームページ、2016年9月17日閲覧

外部リンク[編集]