笹村二朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

笹村 二朗(ささむら じろう、1934年 - )は、北海道ウタリ協会元理事長。元帯広市市議会議員。

略歴[編集]

1934年、帯広市生まれ。父は和人、母はアイヌ人である。

1961年に建設業「笹村組」を開業し、1972年に法人化し社長になる。現在は会長。

帯広市にあった古戦場のチョマトー埋め立て問題で、1975年ごろより、北海道ウタリ協会の活動に関わる。1996年、北海道ウタリ協会の理事長就任する[1]。「日本国政府による補償も必要だが、アイヌ民族の自立が重要である」との姿勢をとる。アイヌ文化振興法の1997年の制定に、理事長として動き回る。鈴木宗男の後援会活動にも参加する。2001年8月6日に、自民党代議士である鈴木宗男の「アイヌ民族同化発言」と平沼赳夫の「単一民族発言」に対しての抗議に消極的であるという理由で、理事会において27人中18人の賛成で、理事長職を解任される。

その後も、帯広市議会議員に、2003年4月27日に「無所属」で当選する[2]。2007年4月22日の、帯広市議会議員選挙に「新党大地」から出馬し落選する[2]。2009年4月現在、北海道アイヌ協会帯広支部長となっている[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]