第2海兵歩兵落下傘連隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第2海兵歩兵落下傘連隊
創設 1947年
所属政体 フランスの旗 フランス
所属組織 フランス陸軍
部隊編制単位 連隊
兵科 海兵歩兵
兵種/任務/特性 空挺歩兵
人員 約600名
所在地 レユニオン
サン=ピエリ
標語 Ne pas subir
上級単位 FASZOI
主な戦歴 第一次インドシナ戦争
第二次中東戦争(ポートサイドの戦い)
アルジェリア戦争
ルワンダ紛争
テンプレートを表示

第2海兵歩兵落下傘連隊(だいにかいへいほへいらっかさんれんたい、2e régiment parachutiste d'infanterie de marine:2e RPIMa)は、レユニオンサン=ピエリに駐屯する、南インド洋管区フランス軍(FASZOI)隷下のフランス陸軍空挺連隊である。

兵種は歩兵、伝統的区分は海兵隊である。

沿革[編集]

最新の部隊編成[編集]

Insigne des troupes de marine.jpg
  • 連隊本部
  • 本部管理中隊
  • 整備中隊
  • 総合地区中隊
  • 第1中隊
  • 第2中隊
  • 第3中隊

定員[編集]

  • 連隊の人員構成は、約600名からなる。

連隊の任務[編集]

連隊は、フランスの海外県の主権確保、同地域の国民及び権益の保護(火災サイクロン警戒など災害対策、住民対立に対する抑止力も含む)、軍の海外展開における拠点として一定の整備能力及び環境適応訓練が実施できるようにすることである。(特に、東南アジアインド洋沿岸及び中部アフリカに対する緊急展開) また、レユニオン地域の若者のフランス国家への同化を促進する教育機関としての役割もある。

主要装備[編集]

関連項目[編集]