第1次ロマーノ・プローディ内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第1次ロマーノ・プローディ内閣(だい1じロマーノ・プローディないかく、Governo Prodi I)は、かつて存在したイタリア内閣首相(閣僚評議会議長)ロマーノ・プローディ(第76代)。

概要[編集]

就任日[編集]

1996年5月18日

退任日[編集]

1998年10月21日

閣僚一覧[編集]

閣僚 画像 氏名 就任日 退任日 所属政党 備考
首相
(閣僚評議会議長)
76 Prodi27marzo2007-retouch.jpg ロマーノ・プローディ 1996年5月18日 1998年10月21日 無所属
副首相
(閣僚評議会副議長)
Walter veltroni face.jpg ワルテル・ベルトローニ 1996年5月18日 1998年10月21日 左翼民主党(PDS)
文化財・文化活動相 Walter veltroni face.jpg ワルテル・ベルトローニ 1996年5月18日 1998年10月21日 左翼民主党(PDS) 副首相兼任
外相 Lamberto dini.jpg ランベルト・ディーニ 1996年5月18日 1998年10月21日 イタリア刷新(RI)
内相 Presidente Napolitano.jpg ジョルジョ・ナポリターノ 1996年5月18日 1998年10月21日 左翼民主党(PDS)
国家予算相 Ciampi ritratto.jpg カルロ・アツェリオ・チャンピ 1996年5月18日 1998年10月21日 非議員
金融相 Emblem of Italy.svg ヴィンセンゾ・ヴィスコ 1996年5月18日 1998年10月21日 左翼民主党(PDS)
国防相 Emblem of Italy.svg ベニアミノ・アンドレッタ 1996年5月18日 1998年10月21日 イタリア人民党(PPI)
司法相 Emblem of Italy.svg ジョヴァンニ・マリア・フリック 1996年5月18日 1998年10月21日 非議員
産業流通相 Pier Luigi Bersani-cropped.jpg ピエル・ルイジ・ベルサーニ 1996年5月18日 1998年10月21日 左翼民主党(PDS)
農業相 Emblem of Italy.svg ミケル・ピント 1996年5月18日 1998年10月21日 イタリア人民党(PPI)
教育・大学・研究相 Emblem of Italy.svg ルイージ・ベルリンガー 1996年5月18日 1998年10月21日 左翼民主党(PDS)
保健相 ロージー・ビンディ 1996年5月18日 1998年10月21日 イタリア人民党(PPI)
労働・社会保障相 Emblem of Italy.svg ティジアノ・トレウ 1996年5月18日 1998年10月21日 イタリア刷新(RI)
公共事業相 Emblem of Italy.svg アントニオ・ディ・ピエトロ 1996年5月18日 1996年11月20日 無所属
Emblem of Italy.svg パオロ・コスタ 1996年11月20日 1998年10月21日 無所属
流通相 Emblem of Italy.svg クラウディオ・バーランド 1996年5月18日 1998年10月21日 左翼民主党(PDS)
環境相 Emblem of Italy.svg エドアルド・ロンチ 1996年5月18日 1998年10月21日 緑の連盟(Verdi)
通信相 Emblem of Italy.svg アントニオ・マッカニコ 1996年5月18日 1998年10月21日 民主連合(UD)
国際貿易相 Emblem of Italy.svg アウグスト・ファントッジ 1996年5月18日 1998年10月21日 イタリア刷新(RI)
無任所相
(地方行政担当)
Emblem of Italy.svg フランコ・バッサニーニイタリア語版[1][2] 1996年5月18日 1998年10月21日 左翼民主党(PDS)
無任所相
(機会均等担当)
Emblem of Italy.svg アンナ・フィノッキアーロイタリア語版 1996年5月18日 1998年10月21日 左翼民主党(PDS)
無任所相
(社会連帯担当)
Emblem of Italy.svg リウィア・トゥルコイタリア語版 1996年5月18日 1998年10月21日 左翼民主党(PDS)
無任所相
(議会関係担当)
Emblem of Italy.svg ジョルジオ・ボッジ 1997年5月14日 1998年10月21日 左翼民主党(PDS)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第13立法期の中道左派内閣で行政改革等の担当閣僚でもあった憲法学者。法律第59号「職務及び任務の州及び地方自治体への授権、公行政改革並びに行政の簡素化を図るための政府への委任」から始まる一連のバッサニーニ改革と呼ばれる地方分権政策を推し進めた立役者。その中で施行された地方分権の法律4 本はバッサニーニ法イタリア語版と呼ばれる
  2. ^ イタリアの2001年観光基本法─観光政策の現代化と観光行政の地方自治体への委譲─(海外立法情報調査室 萩原 愛一)
先代:
第1次
シルヴィオ・ベルルスコーニ内閣
イタリアの旗 内閣(閣僚評議会)
第76代: 1996 - 1998
次代:
マッシモ・ダレーマ内閣