第1ウクライナ戦線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第1ウクライナ戦線
First ukrainian front.jpg
1945年6月24日 1945年モスクワ戦勝パレードでの第1ウクライナ戦線の司令官と兵士たち。
創設 1943-1945年
国籍 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
任務 ウクライナ・ポーランド・ドイツでの赤軍の作戦の調整と実施
規模 軍集団
主な戦歴 コルスン包囲戦
カメネツ=ポドリスキー包囲戦
リヴォフ=サンドミール作戦
ヴィスワ=オーデル攻勢
シレジア攻勢英語版
ブレスラウ包囲戦英語版
ベルリンの戦い
ハルベの戦い
プラハの戦い
指揮
著名な司令官 ニコライ・ヴァトゥーチン(1943年10月-1944年3月)
ゲオルギー・ジューコフ(1944年3月-1944年5月)
イワン・コーネフ(1944年5月-1945年5月)

第1ウクライナ戦線ロシア語: Первый украинский фронт)は、第二次世界大戦中ソビエト連邦赤軍戦線(西側諸国においての軍集団規模)。

戦時[編集]

1943年10月20日にヴォロネジ戦線の名称が変更され、第1ウクライナ戦線に名前が変更された。この名称変更の背後には、ナチス・ドイツに対する戦役において、ついにロシアから離れウクライナに移動したということにより、赤軍が確実に西方に前進しているということを反映している。1944年から1945年の間に、ウクライナポーランドドイツチェコスロバキアで戦った。

1944年中に第1ウクライナ戦線は、他の戦線と共にコルスン=チェルカッシー攻勢及び、ウクライナのカメネツ=ポドリスキー包囲戦に参加した。リヴィウ=サンドミェシュ攻勢時には、第1親衛戦車軍第3親衛戦車軍第4戦車軍第3親衛軍第5親衛軍第13軍第38軍第60軍を指揮下に置き戦った。その後、チェルノーポリの戦いに参加した。

1945年には入るとヴィスワ=オーデル攻勢に参加し、シレジア攻勢英語版ブレスラウ包囲戦英語版、及びプラハでの戦いに参加した。また、ドイツとポーランドでのベルリン作戦にも参加した。さらにハルベ包囲の大部分を担い、この戦いによりドイツ第9軍はベルリン南部においてほぼ完全に壊滅した。この時点でポーランド第2軍は第1ウクライナ戦線の一部として作戦に参加していた。ベルリンの戦いの最後に第1ウクライナ戦線は、ベルリンと第9軍への包囲網を緩和することを目的としたヴェンク軍による反撃に対する防御を支援した。

第1ウクライナ戦線は相反していたドイツ国防軍を超え、すべての作戦で勝利した。最後に参加したプラハへの攻勢は、ヨーロッパにおける第二次世界大戦の最後の戦いだった。

戦後の第1ウクライナ戦線は、オーストリアとハンガリーに駐屯するソ連中央軍集団になり、鉄のカーテンの守護者となった。

司令官[編集]

[編集]

第1ウクライナ戦線を構成していた軍:

その後の編成[編集]

出典[編集]

  • Konev, I.S. Aufzeichnungen eines Frontbefehlshabers
  • Konev, I.S. Das Jahr 1945
  • Ziemke, E.F. Stalingrad to Berlin
  • Tissier, Tony Slaughter at Halbe
  • Duffy, Christopher Red Storm on the Reich
  • Antill, P., Battle for Berlin: April – May 1945.

参考文献[編集]