笑う警官 (マルティン・ベック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
笑う警官
Den skrattande polisen
著者 ペール・ヴァールー
マイ・シューヴァル
訳者 高見浩
発行日 スウェーデンの旗 1968年
日本の旗 1972年(文庫)
発行元 スウェーデンの旗
日本の旗 角川書店角川文庫
ジャンル 警察小説ミステリー
スウェーデンの旗 スウェーデン
言語 日本語
形態 上製本
文庫
ページ数
432(文庫)
前作 バルコニーの男
次作 消えた消防車
コード
ISBN 4-04-252002-2(文庫)
Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集
テンプレートを表示

笑う警官』(わらうけいかん)は、ペール・ヴァールーとマイ・シューヴァル共著によるスウェーデン警察小説マルティン・ベックシリーズ」の第4作[1]である。

翻訳の原書は、アラン・ブレア(Alan Blair)訳、パンテオン・ブックス(Pantheon Books)の英語版「The Laughing Policeman」。

1970年度のエドガー賞 長編賞受賞作品。

2013年9月に、柳沢由実子による新訳版がKADOKAWA〈角川文庫〉から刊行された。

あらすじ[編集]

1967年11月13日23時3分、ストックホルムソルナの市境で路線バスが道路から外れて停止する。通報を受けたパトカーが駆けつけると、瀕死の1人を除き乗車中の全員が死亡していた。現場に到着したマルティン・ベックは、被害者の中に部下のオーケ・ステントルムが含まれていることを知る。

目撃者も存在せず、被害者のほぼ全員が死亡しているため、誰がどのような理由で狙われたのかも分からず、捜査は各被害者の背景を調べるところから始まった。地方からも応援を頼み捜査を続けるうち、被害者の何人かは裏に後ろ暗い事情を抱えていることが判明したが、その中に1人だけ身元不明の被害者がいた。

その一方、事件当時に非番だったステントルムは、ある未解決事件の独自調査を単独で行っていたことが判明する。

登場人物[編集]

1967年製 ストックホルムの2階建てバス
マルティン・ベック警視
ストックホルム警察殺人課主任。 
レンナルト・コルベリ警部
ストックホルム警察殺人課捜査員。
グンヴァルド・ラーソン警部
ストックホルム警察殺人課捜査員。
フレドリック・メランデル警部
ストックホルム警察殺人課捜査員。
エイナール・ルン刑事
ストックホルム警察殺人課捜査員。
オーケ・ステントルム刑事
ストックホルム警察殺人課捜査員。
ペール・モーソン警部
マルメ警察。
ウルフ・ノルディン警部
スンツヴァル[2]警察。
オーサ・トーレル
ステントルムの恋人。
アルフォンス・シュベーリン
被害者中唯一の生存者。

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ この作品群は個々の作品が独立しており、「続き物」ではない。
  2. ^ 本書では「スンドスヴァル」と表記。