竹田母親殺害事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

竹田母親殺害事件とは、2010年大分県竹田市の自宅で男が母親を殺害した事件である。

概要[編集]

2010年1月27日、当時大分県竹田市竹田の自宅に引きこもり状態だった男性が同居していた母親を首や胸などを金属製の缶切りで何度も突き刺して殺害する事件が発生した。当時男性は慢性の統合失調症を患っていたが、検察精神鑑定の結果責任能力があると判断。殺人罪で起訴した。

裁判経過[編集]

裁判では事実関係は争われず、当時の被告に責任能力があったのかどうかが争われた。引きこもり生活への葛藤や不満が蓄積したことが動機で心神耗弱状態ではあったが責任能力があったと検察側は主張したが、弁護側は事件当時は被告は心神喪失だったとして無罪を主張していた。2011年2月2日、大分地方裁判所西崎健児裁判長)は懲役3年、保護観察付き執行猶予5年(求刑・懲役6年)の判決を言い渡した。判決では、急所を執拗に狙っていたとして行動を制御する能力は残っていたとした。弁護側はこの判決を不服として控訴した。

2011年10月18日、二審福岡高等裁判所川口宰護裁判長)は、一転して逆転無罪判決を言い渡した。判決では事件当時の男性は重症の統合失調症だったと認定し、凶器が缶切りや金属製の箸といった通常は殺人には使わない道具でありそれを使って約1時間も執拗に攻撃する行動は奇妙だと指摘。動機についても疑問を指摘して限定的に責任能力を認めた一審判決を破棄して責任能力がなかったとした。最高検によると裁判員裁判で一審の有罪判決を破棄して全面無罪判決とするのは初。検察側は上告を断念し、2011年11月2日に無罪が確定した。

脚注[編集]