竹田敬方

From Wikipedia
Jump to navigation Jump to search

竹田 敬方(たけだ けいほう、1873年明治6年)2月7日 - 1942年昭和17年)12月4日)は明治時代から昭和時代にかけての日本画家

略歴[edit]

水野年方及び川端玉章の門人。本名は竹田源次郎。東京・銀座の生まれ。始めは1887年(明治20年)12月から水野年方に人物画を学び、1891年(明治24年)から川端玉章に師事して山水画を学んでいる。日本青年絵画協会日本美術協会烏合会巽画会などに作品を出品した。1907年(明治40年)に正派同志会の評議員になり、1909年(明治42年)に川端画学校の教諭となった。また、明治絵画会の幹事、審査員を務めた。享年70。

作品[edit]

  • 「少女遊劇図」
  • 「暁霽」
  • 「塩原竜化瀑図」 大正3年(1914年)
  • 「雪渓図」 大正6年(1917年)

参考文献[edit]

  • 上田正昭他編『日本人名大辞典』 講談社、2001年