巽画会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

巽画会(たつみがかい)とは明治時代に結成された日本美術団体である。

概要[編集]

巽画会は明治29年(1896年)に深川在住の村岡応東遠山素香大野静方の3名が発起人となって発足した。新傾向派の青年画家の拠点となり、後に上野竹の台五号館で展覧会を開催するまでに発展した。やり手の南米岳が経営にあたり、京都にまで範囲を及ぼし、明治43年(1910年)には審査員に鏑木清方菱田春草山田敬中上原古年高橋広湖今村紫紅木島桜谷菊池契月上村松園尾竹竹坡尾竹国観山内多門町田曲江信近春城安田靫彦田中頼章小室翠雲などがあたるようになった。また、会の機関紙『巽』を出版しており、植村宋一が編集をしていた。

参考文献[編集]

  • 鏑木清方 『こしかたの記』 中公文庫、1977年
  • 日本美術院百年史編集室編 『日本美術院百年史一巻 上』図版編 日本美術院、1989年