竹内浄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たけうち きよし
竹内 浄
生誕 (1946-11-15) 1946年11月15日(71歳)
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都大学工学部卒業
職業 自動車検査独立行政法人理事長

竹内 浄(たけうち きよし、1946年11月15日 - )は、日本技術者実業家。元・自動車検査独立行政法人理事長

ファイテルUSA最高経営責任者、OFS会長、フルカワエレクトリックノースアメリカ社長古河電気工業株式会社最高技術責任者などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1946年に生まれ[1][2]兵庫県にて育つ[2]京都大学に入学し、工学部機械工学科にて学んだ[2]1969年、京都大学を卒業し、古河電気工業に入社した[2]

古河電気工業[編集]

1995年、古河電気工業の設備部にて設備開発部長を務め、1998年には同部の生産技術開発センターのセンター長を務めた[2]1999年より取締役として、設備部の部長や経営企画室の室長など要職を歴任した[1][2]2003年には、取締役と執行役員を兼務する常務として、米国光事業推進室の室長にも就いた[1][2]。また、ファイテルUSA(Fitel USA Corp.)にて社長最高経営責任者を兼ねるとともに、同社の子会社にあたるOFSの会長を務めた[1]。なお、OFSは、アメリカ合衆国ジョージア州にて光ファイバ事業を手がける企業グループである[1]。ファイテルUSAは、そのOFSを傘下に持つ持ち株会社であり、古河電気工業の100%子会社である[1]。その後、取締役を退き、執行役員常務として、2004年よりフルカワエレクトリックノースアメリカの社長を務めた[2]

2005年より、執行役員常務として、古河電気工業の最高技術責任者と研究開発本部の本部長を務めた[2]2006年には、古河電気工業の監査役に就任した[3]。のちに、古河電気工業の顧問となった[4]

自動車検査法人[編集]

2008年、古河電気工業を退職した[3]。同年、橋口寛信の後任として、「自動車検査独立行政法人」の理事長に任命され、7月1日付で就任した[3][4]

略歴[編集]

  • 1946年 - 誕生。
  • 1969年 - 古河電気工業入社。
  • 1999年 - 古河電気工業設備部長。
  • 2002年 - 古河電気工業経営企画室長。
  • 2003年 - 古河電気工業常務。
  • 2003年 - 古河電気工業米国光事業推進室長。
  • 2003年 - ファイテルUSA社長。
  • 2003年 - ファイテルUSA最高経営責任者。
  • 2003年 - OFS会長。
  • 2004年 - フルカワエレクトリックノースアメリカ社長。
  • 2005年 - 古河電気工業最高技術責任者。
  • 2005年 - 古河電気工業研究開発本部長。
  • 2006年 - 古河電気工業監査役。
  • 2008年 - 自動車検査独立行政法人理事長。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 「米国OFS社経営陣の人事異動について」『米国OFS社経営陣の人事異動について : ニュースリリース : 古河電工』古河電気工業、2003年9月22日。
  2. ^ a b c d e f g h i 古河電気工業『個別財務諸表の概要』2006年5月11日、32頁。
  3. ^ a b c 「役員名簿」『自動車検査独立行政法人:組織』自動車検査法人、2011年10月1日。
  4. ^ a b 「理事長に竹内浄氏――自動車検査法人」『陸運情報』陸運情報社、2008年7月10日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

非営利団体
先代:
橋口寛信
自動車検査独立行政法人理事長
2008年 - 2012年
次代:
栗原和郎