立石勝規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

立石 勝規(たていし かつのり、1943年 - )は、日本ジャーナリスト作家青森県弘前市生まれ。東北大学卒業。毎日新聞社を退職後、独立。

著書一覧[編集]

  • 国税局調査部 脱税を追え!(かんき出版、1989年)
  • 東京国税局〈金融・不動産〉脱税の構図(かんき出版、1992年)
  • 国税局査察部 消えた政治献金(かんき出版、1993年)
  • 東京国税局政界伏流マネー(徳間書店、1994年)
  • 児玉誉士夫のダイヤモンド(徳間書店、1996年)
  • 東京国税局 政治家を追え(徳間文庫、1997年)
  • 東京国税局査察部(1999年、岩波書店
  • 遺産立会人(1999年、徳間書店)
  • 田中角栄の「逃税学」税法のあらゆる穴を知っていた男(2000年、講談社
  • マルサの秘密(2003年、徳間文庫)
  • ごみは燃やせ リサイクル神話の呪縛を解く、ごみ焼却の経済学(2003年、光文社
  • 田中角栄・真紀子の「税金逃走」(2004年、講談社)
  • 国税査察官(2004年、講談社)
  • 脱税の決算書 田中角栄 堤義明の逃税学(2005年、徳間書店)
  • ダイヤモンド「腐蝕の連鎖」政・官・業が集う「日本の密室」(2007年、講談社)
  • 逃税の掟(2007年、徳間書店)
  • 闇に消えたダイヤモンド 自民党と財界の腐蝕をつくった「児玉資金の謎」(2009年、講談社)
  • なぜ三ツ矢サイダーは生き残れたのか 夏目漱石、宮沢賢治が愛した「命の水」125年(2009年、講談社)
  • 論説室の叛乱(2011年、講談社)