窪田聡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

窪田 聡(くぼた さとし、1935年 - )東京生まれ。

人物[編集]

小学生時代、太平洋戦争の戦時中に1年間ほど長野県へ疎開した。

1954年、高校卒業後に家出。約1年間ほど住み込みの新聞配達員、事務員などを転々とする。

その後中央合唱団専従、うたごえグループ・トロイカ主宰、日本音楽協議会事務局次長。

この間、一貫して”はたらくものの音楽”のジャンルで創作・演奏活動を展開。

かあさんの歌』はうたごえ運動に触れた初期の1956年の作品。

1988年、岡山県瀬戸内市牛窓町に移住。

東京時代から”相棒”の篠田澄江とふたりで<鈍工房>を運営。

鈍工房は音楽に関する企画・出版の工房名。

2002年鈍工房に隣接して竣工した小ホール<自由空間DON>で音楽集会「窪田聡・歌のある風景」を年数回開催している。