種里城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

種里城(たねさとじょう)は、青森県西津軽郡鯵ヶ沢町種里町にあった日本の城山城)で、国の史跡に指定されている[1]

概要[編集]

種里城は、津軽氏発祥の地として知られている[2]。城は、赤石川の上流、種里集落の西南約500メートルに位置し、前面は赤石川、背後は大柳沢山嶺をひかえた、東向きの山城である。本丸跡の西南に光信公御霊墓があり、御廟館とも言われている。また、近くに殉死した奈良主水貞親の墓がある[3]

歴史[編集]

1491年(延徳3年)、大浦光信によって築城された。1502年(文亀2年)、光信は大浦城を築き、子の大浦盛信を置いた。光信死後は大浦城大浦氏の本拠となり、種里城は支城として江戸時代初めまで使われた[1]。その後種里城は津軽氏の聖地として保存されたが、明治時代に入って遺構は破壊された[4]

1988年、跡地に資料館「光信公の館」が建設されることに伴い発掘調査が行われ、その後種里城跡の解明を目的とした学術調査が、1991年から1997年まで続けられた[5]

画像[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 「種里城跡とは」、『津軽藩発祥の地 国史跡 種里城跡』 (鰺ヶ沢町・鰺ヶ沢町教育委員会)http://www.town.ajigasawa.lg.jp/tanesato/01.html2017年2月8日閲覧 
  2. ^ 「鰺ヶ沢[町]」、『世界大百科事典』 (日立ソリューションズ・クリエイト)https://kotobank.jp/word/%E7%A8%AE%E9%87%8C%E5%9F%8E-1801062017年2月8日閲覧 
  3. ^ 「周辺の史跡」、『津軽藩発祥の地 国史跡 種里城跡』 (鰺ヶ沢町・鰺ヶ沢町教育委員会)http://www.town.ajigasawa.lg.jp/tanesato/04.html2017年2月8日閲覧 
  4. ^ 「たねさとじょう【種里城】」、『日本の城がわかる事典』 (講談社)https://kotobank.jp/word/%E7%A8%AE%E9%87%8C%E5%9F%8E-1801062017年2月8日閲覧 
  5. ^ 「発掘調査」、『津軽藩発祥の地 国史跡 種里城跡』 (鰺ヶ沢町・鰺ヶ沢町教育委員会)http://www.town.ajigasawa.lg.jp/tanesato/02.html2017年2月8日閲覧 

関連文献[編集]

  • 中田書矢 「種里城 (特集 城郭の研究)」、『月刊考古学ジャーナル』 (ニュー・サイエンス社)第493号15-18頁、2002年10月ISSN 04541634NAID 40005425978 
  • 佐々木浩一 「青森県中・近世遺跡の景観―小沢館・境関館・浜通遺跡・十三湊遺跡・種里城」、『青森県史研究』 (青森県)第5号、2000年11月ISSN 13427431NAID 40005164794 

関連項目[編集]

座標: 北緯40度42分16秒 東経140度9分58秒 / 北緯40.70444度 東経140.16611度 / 40.70444; 140.16611