大浦城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大浦城(おおうらじょう)は、青森県弘前市賀田五代にあった日本の城平城

概要[編集]

大浦光信津軽進出の拠点として古館を改修、子の大浦盛信を置いたのが始まりで、その後、元和一国一城令により廃城となった。現在は、弘前市立津軽中学校の敷地などになっている。

城の規模は、東西500メートル、南北250メートルほど。

歴史[編集]

文亀2年(1502年)、大浦光信により築かれる。大浦光信の子孫、大浦為則の婿養子である大浦為信の代になり、堀越城に本拠地が移ると、城番が置かれるだけになった。その後元和の一国一城令により廃城となったが、二の丸・本丸・西の丸の土塁は残された。弘前城詰城としてその後も、西の丸には火薬庫などが建てられた。

関連項目[編集]