大浦盛信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大浦盛信

大浦 盛信(おおうら もりのぶ、文明15年(1483年) - 天文7年9月26日1538年10月18日[1])は、戦国時代の武将。光信の子とされている。

1502年に父の光信の命で、新しく築城された大浦城に入る。1526年に父が死去すると、1528年には菩提を弔うために、西津軽郡長勝寺を建立している。

子がいなかったため(森岡為治の父?)、甥(光信の実子とも)の政信を養子とし跡継ぎに定めた。

脚注[編集]

  1. ^ 『青森県史』